経営学では説明しきれないお葬式の謎

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

実はここにもお葬式

こんにちは やりたいことがいろいろとあって本音のおもむくままに過ごしていると時間の感覚をつい無くしてしまうRiecoです。  先日は夫の祖母のお葬式でした。 身内だけのアットホームなお式でお香典もいただかない方針で、 あたたかな雰囲気の中送り出す気持ちひとつで行われたお式はとても良いなぁって感じました 私は、人の生死にかかわる出来事に遭遇するとき不思議な感覚になります。  自分が雑音の届かない静かな場所にいてとても穏やかな心地良さを感じていて現実の世界を映画のスクリーンで見ているような、そんな感覚…  親友が危篤になったときも今回の夫の祖母のお葬式でも 不謹慎かもしれないけど、まったく悲しみや寂しさを感じないんです  数年前に夫の母方の祖父が亡くなったときときも、夫の実家の愛犬が死んだときにも 悲しむ人を蔑むでもなく、かわいそうだと同情するでもなく ただその場で起こっていることを観察している感じなんです。 だから正直いうと、とても悲しんでいる人に対してなんとも思わないし、 「泣いてるな」「名前を呼んでいるな」ということを見ているだけで何かをしなくちゃとも思わない。  今まではそんな私の状態を私の思考が「情のない冷たい人間だ」と責め立てて、常識的にふるまおうと自分を装ってきたけど、 この感覚を最近よく感じるようになりこれがノンデュアリティでいう「私、がない」を体験していることに気付いたの ジュンコセレンディーさんや大和田菜穂さんが言っている「私っていう存在自体がないんです」ってやつです 出来事はすべて寄せては返す波のような“表れ”でそこに意味をくっつけて喜劇にしたり悲劇にしたりするのが思考のなせるお遊び   生死に対して「頑張って生きなきゃダメ」とか「死んだらダメ」というような良し悪しの概念が取り払われて ただその起きていることを受容している、という視点は 今まで私が私と思い込んできた当然のように疑いもしなかった “思考と感情が私”という存在をはるかに大きな視座から見つめる何者か… (だれー) って思うけど、誰でもない存在なの  インナーチャイルドでも思考でもない存在なんです。。 アセンションに詳しい人がこの経験を話した時にわかるわかる~!と言っていました。  私はスピリチュアルを鵜呑みにする性格ではありません それでも、その存在を感じているとき穏やかで守られていてなんの不安も心配もない世界にいます  いうなれば宇宙、かも、笑  …頭?  打ってないですよ では、また~         


お葬式 関連ツイート

@usausa000111 そこかーい!
その前にお葬式来てや笑笑
【野党審議拒否】野党の女性議員達がセクハラ抗議の意味を込めて黒服を全員が着用~ネットの反応「ハリウッドの真似か…キモっ」「テレ朝にも黒服で抗議しにいけ!」「自分達のお葬式用の喪服ですか?」 https://t.co/FMT2MsYAT1
@mudamudamudamu_ お葬式帰りのままか。
これこそ、非日本人がある。嘘こけっ。

コメントは受け付けていません。