知らないと損するお葬式の歴史

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

お葬式さびない、ひと。

父は精神科の医師と話しては、信頼できない、完全に治して貰えない、と、精神病院🏥を10は転々とした。
かかっていた私は、入院したり、薬が増えてしまったり、問題を抱えたまま、精神科医と病院🏥の転院ばかりの父子でした。

本には、精神科医と通う病院を早めに決めて、替えないで、薬をのみ続ける事が賢明とあり、

それを読んだ私は、カッとして、父を後から蹴飛ばし泣いた。

薬は1日4回。
合計で35粒。
それなのに、鬱で固まり動けないか、躁でおしゃべりになり、母に疎まれる毎日。
高校を3年で卒業出来たなんて、奇跡だった。

苦しくて辛くて、病苦で3度も服薬自殺を試みた。
死にたい!死にたい!が口ぐせだった。

母には見放され、とうとう目の前で、死んでしまえ!と言われた。四度目の服薬自殺の時だった。

救急車で運ばれ、救命されても知らんふりした。

鼻から管を入れられるのも3度目。
多量の精神薬の効き目と副作用で、苦しくて、それでも、一度もねをあげずにベッドにいた。

父も母も、もういないつもりでいた。
原稿用紙に両親のいない孤児の話を書いたり、空想の小説を作り、満足していた。

机に1日6時間はかじりついていた。
17歳の頃、S館の漫画原作の奨励賞と努力奨励賞を受賞して勘違いしてしまった。

大学病院は、鍵を閉められ、お風呂も作業さえ無かった。

母が本で読んだ開放病棟に転院して、初めて庭作業をしたり、金曜のデイケアに出席した。

庭作業は午前と午後で1時間あり、男性は力仕事、女性は掃き掃除や草取り石拾いだ。
1日参加すると150円貰えた。

さみしくて幻聴に甘えて話しかけ、開放病棟を去る前に、幻聴さん達に恨まれてしまった。それから、ヤクザの幻聴に変わられた。

兄のパン屋で、25歳まで、販売車の洗車と、お茶汲みと、バターと辛子塗り、たまに食パンを包んだ。

時給が五百円5時間働いているうちに、やぶ医者のせいで、そうと鬱を天国と地獄の様に繰り返し味合わされた。
24時間幻聴は話しかけてきて、私は、辛くてパン屋辞めたいと言った。

味方は誰もいない。
同じ仲間達に会いたい!とわがままを言った。

デイケアに通い始めて、1年後作業所が出来、3年間通って、今は、自宅にいる。
父の介護と母の介護を少しして、母は今は兄達に付き添われて病院に通院中。父と同じ施設に入所している。
幻聴さん達は前より穏やかになり、それでも24時間ヤクザとお水の花道の人達のふりをして騒いだり和んだりしている。
薬は院長先生のおかげで、1日朝3粒、昼、夕各4粒。一番強いピンク色の睡眠薬、ベゲタミンを自力でやめた。

私は電車で通えるクリニックを両親に促され、自分で選び通っている。
たまたま名医と評判で、入院施設の無いクリニックだった。
一度、入院の話が出て、東京か群馬が良いとわがままをいい、入院は立ち消えした。

地元の民生委員さんにSMSで、通院日を知らせ、愚痴をこぼしたり、兄達に助けられていると送信しながら、ひとり暮らしも2年目になる。

病苦で死にたかったはずなのに、今も幸せに生きている。結婚して、33歳で発病した部活の同い年のᏦさんは自殺してしまった。

お葬式でクラスメイトや部活の仲間達と再会して思った。
自ら生命を断ってはいけない。家族や周りの人達が悲しむ。
統合失調症は、薬をキチンと飲み、基本の生活をして過ごせば、最低限度の暮らしが出来る。

明るく受け止め、自分にも優しくやんわり生きる。

他人も自分も許すか、許せなくても、沈黙して伝えないでいる事。

両親の産んだり育てたりした苦労の分を受け止め、自立して生きて行く。
文通やSMSや電話📞でストレス解消をする。
休み休み家事をして過ごすのが私の最低限度の幸せの生活。

闘病生活は大抵の人が体験する。

物とお金を大事にする人は人も大切にする、と教えられた。


お葬式 関連ツイート

お葬式にお金を掛けないなら、きみとつきあってもいいよ あたしは生きてる人間にしか想いを抱けないから
お葬式とかしないで二万円ぐらいで遺体処分するコースとか無いの
新潟→東京戻り中。
母の通夜は明日でお葬式は明後日になりそうだけど猫たちも心配なので、これから当分は連日の往復になりそう。
今日予定していた中学の同期会はキャンセルしてもらったけど、年一度の高校の同期会と違って次またいつあるかわか… https://t.co/pfScu00toM

コメントは受け付けていません。