報道されない「お葬式」の悲鳴 現地直撃リポート

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

えっ!あのお葬式がこんなにお得に買えちゃうの!

入院当日 ② の続きです

色々バタバタで書き終えるのに二日以上かかりました(^^;

2017.10/13

予定通り、15時頃にお葬式を終えた母と義父、義父の子供で同い年の長男、二個下の次男みんなが来てくれました

早速、呼ばれたので私と母、義父の3人で詰所の奥にある面談室へ行きました。

中には主治医のT先生、担当医のD先生が待っておられました。肺癌ステージ4としか知らされていませんでしたが検査結果も出揃い、正式な病名と今後の治療法についてのお話がありました。

病名はALK陽性 右上葉非小細胞肺腺癌 ステージ4

遺伝子検査の結果、遺伝子異常による肺癌である事がわかりました。との事で、遺伝子異常の肺癌とは??と聞かされた時はよくわかりませんでした。

治療法は、ALK陽性の肺がん患者が使用できる分子標的治療薬のアレセンサを今晩から、毎日朝と晩の2回、2カプセルづつ服用しましょうとの事。

よくある副作用は味覚異常、便秘、発疹

稀に起こる重篤な副作用は間質性肺疾患肝機能障害、好中球減少および白血球減少消化管穿孔、血栓寒栓症

「あれれ?吐き気、脱毛が含まれてない。こんな抗がん剤が存在するん??」(゚O゚)(゚O゚)

そして、何よりも嬉しかった言葉「入院予定期間は1~2週間くらいです」と

えっ!!そんな早くに家に帰れるんや!!って事は、また犬猫達と暮らせるんや!テンションが一気に上がりました~~

それから、改めて病状についての説明と心臓に負担を掛けたらいけないから、入院中は安静にする為に、病棟内から出る時は車椅子を使用するようにとお話がありました!

入院してから行った検査の結果は心臓の大きさは前回と変わっていないとの事。↑肥大したまま

胸部レントゲンも同じく真っ白のまま。

心電図は異常なし

これから、アレセンサを服用していくので副作用の心配もあるから、色々含めて入院中は定期的にレントゲンを取りながら経過を見て行きましょうとの事でした!

それ以外に内服薬は、咳止めのリン酸コデインが効かなかったのでメジコンに変更となり毎食後にロキソニン、レバミピド、メジコン夕食後のみ+デノタスチュアブルに。

病室へ戻ると、またまた看護師さんが来られ16時から歯科処置とパノラマレントゲンが入っているのでとの事。

ランマーク治療を始めた後なのに意味あるのか?と思いつつも義父側の長男、私の妹に車椅子で付き添われながら行ってきました~

歯医者は歯石取りと歯の磨き方の説明だけでした!

すぐに終わり病室へ戻り、皆と少しお喋りして皆用事があるのでお別れ(-ω-ゞ⌒☆

入院生活の始まり~


お葬式 関連ツイート

aviciiガチか
お葬式なるものがあるのが知らんけど、そこでWake Me Up流したら彼のことやし何事も無かったかのようにおはよ!って言うんちゃうか
安らかに Not afraid to close your eyes
あ~あ、叔母も、俺創作の生贄的な女性霊的な物にしようかなって思ってる、なんかお葬式に行けそうな距離だったし、生前、覚えてるし、
@babym546 おばあちゃんのこともあったし尚更なのかな😭ありがとう!!くりりんも慣れないお葬式とかで疲れてたのかもしれない😞少しづつ回復を図ります…(¦3 _ヽ)_

コメントは受け付けていません。