ロハスのことを考えると北門について認めざるを得ない俺がいる


楽天市場北門専門店

こんばんは

神戸御影で着付け教室の柴山です
先日、着物のお勉強に京都へ行ったときのこと
京都駅には気になるポスターがありました
これはチケットですが、ポスターもこの同じ茶器
美しい捻りに惹かれて
帰りに一人で見てきましたルンルン
この気になる茶器
入口入ってすぐに展示されてました
意外なくらい、


『小さかった』

そして、朱色が美しかった


黒田辰秋とは?
漆芸家、木工家。京都府生まれ。 刳物、指物などの木工と乾漆、螺鈿などの漆芸で幅広く知られる
1970年に木工芸における初の重要無形文化財保持者(人間国宝)となった

黒田辰秋という方を全く知らず拝見したのですが
漆で仕上げた茶器や
螺鈿の飾り箱
という小さなものから
大きな飾り棚や椅子
(椅子は黒澤明監督の別荘に置くために作られたもので、欅を拭漆で仕上げたもので、彫られた模様の曲線が美しかったです、とっても重厚)
京大北門前の進々堂店内のテーブルセットも黒田作品らしいです
祇園の鍵善良房の飾り棚や
朱塗りの飾り板➡これがいい❗
そして、螺鈿のくずきり用の器➡これもいい❗
もありました
くずきり用の器のデザインもモダンなのです
螺鈿は美しいしラブラブ
白州正子さんも黒田作品の愛好家だったそう
『白州正子ときもの』展、ただいま梅田阪急で開催されてます
黒田辰秋展、両方とも9日までです
ふら~っと入ったのですが
見ごたえありましたキラキラ
進々堂と鍵善良房、にいって
実際に使われているところを見てみたいルンルン
進々堂では、座ってみたいルンルン




北門にくびったけ、こだわりサイト。

長野県長野市
広大な盆地にあるこの街は
 
かっては川中島の戦いの舞台として
武田信玄と上杉謙信が戦ったり
 
長野で挙兵した木曽義仲が平氏の大群と戦った場所です。
古くから、交通・軍事の要衝とされていました
 
その中心となるのが
定額山善光寺です。
 
定額山と言いましたが、
古くから「四門四額」(しもんしがく)と言い
門により名前が違います
東門を「定額山善光寺」
西門を「不捨山浄土寺」(ふしゃさんじょうどじ)
南門を「南命山無量寿寺」(なんみょうさんむりょうじゅじ)
北門を「北空山雲上寺」(ほくくうさんうんじょうじ)
と読みます
 
ここは特別なお寺で
天台宗と浄土宗の2宗派により管理運営されています。
 
それは諸宗派に別れる前に建てられたお寺だからです。
ご本尊「善光寺式阿弥陀三尊」は絶対秘仏となっています。
 

ここに訪れたのは2015年以来になります

 
 
近くまで来たので伺ったのですが
画面では明るいようですが18時を越えていました
 
それでも参拝者は絶えません
 
暗い本堂に入りお参りすると
その間は誰もいない静寂のひとときでした
 
信仰の場としての穏やかで神聖な時間をいただきました。
以前観光客の多かった時間と違い
阿弥陀如来の優しさに触れた思いです
 
 
閉じる
楽天ウェブサービスセンター

コメントは受け付けていません。