ヘッドセット いのち、ふくらまそう

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

ヘッドセットでステップアップ

エレコム,VR&AR対応のスマホ用モーションコントローラ「JC-VRR02VBK」を10月下旬発売 | ニコニコニュース
いつもご覧頂きまして誠にありがとうございます(*ˊᗜˋ*)/ᵗᑋᵃᐢᵏ ᵞᵒᵘ*
【PR⓵】
↓↓↓

【PR②】
↓↓↓

【PR③】
↓↓↓

エレコム,VR&AR対応のスマホ用モーションコントローラ「JC-VRR02VBK」を10月下旬発売 4Gamer  2017年10月2日,エレコムはスマートフォン用VRコントローラ「JC-VRR02VBK」を発表した。この製品は6軸のモーションセンサーを搭載しており,Android 5.0(Lollipop)以降もしくは,iOS 10.0以降搭載のスマートフォンでVR&ARアプリをコントロールできるもので,技術的には,ワンダーリーグという会社のVROOM(ヴルーム:後述)プラットフォームに準拠している。

 ハードウェア面のスペック情報を挙げておくと,JC-VRR02VBKは,
6軸のモーションセンサーを内蔵したワイヤレスコントローラで,上面にアナログスティック1個,ボタン2個,奥にトリガー1個,側面に音量アップダウン/ボタン計2個とデンゲンスイッチを備えている。スマホとの通信はBluetooth 4.0 Class/2 GATTプロファイルで行われている。コントローラを2個使った両手の操作にも対応している。
 公称本体サイズは机上に置いた状態で46(W)×149(D)×89(H)mm,公称重量は約56gだが,動作には別途単4型電池2個が必要となる。定価は税込み7279円(税別6740円)だが,店頭販売価格は,3980円くらいになるだろうとの話だった。発売は10月25日の予定だ。

 エレコムはすでにVRコントローラ製品もいろいろ展開しているが,それらの売り上げは月間3000台ほどだそうだ。それに対して,今回の製品ではアプリ制作協力企業としてすでに13社が名前を挙げられており,積極的にアプリ展開を行っていくという。加えて世界展開を行うことでワールドワイドで100万台の売り上げを目指すとのことだ。また,スマホVRを推進するため,同社自身がスマホゲーム事業に参入しVRゲームのリリースを行うことなども発表された。

 なお,JC-VRR02VBKの特徴としては,スマホVR特有の手軽に扱えることと,PC用などのコントローラを使ったハイエンドVRの体験を両立できることなどが挙げられていた。利用シーンとしては,普通のゲーム用のコントローラ,VR用のコントローラ,Apple TVなどでの多人数用のコントローラなどが想定されているという。さらにゲーム用だけでなく,B2Bでの活用も進めていくとのこと。会場のデモでは,不動産業者向けのインテリア変更アプリも紹介されていた。部屋の中(10×10m程度)を歩き回って家具の配置などを変更できるというものだ。

 ちなみにVROOMというのは,Googleがスマ―フォン用のVRゴーグルDaydreamを発表後に,iPhoneでも同じようなことができないかと考えたワンダーリーグによってクロスプラットフォームのVR/AR入力デバイスとして企画されていたデバイスだった。Kickstarterでの資金調達キャンペーンは惜しくも失敗していたが,それが今回エレコムとの協力で復活したという理解でいいだろう。
 もともとはオープンハードウェアとして企画されていたもので,すでにUnityをベースとしたSDKも公開されているが,今回,ハードウェアの提供はエレコムの独占となるとのことだった。
 実際に使ってみると,操作に対して若干の遅延が確認できる。もの凄く障害になるほどではないが,PC用ないしPSVR用のものと同じ感覚というわけにはいかないようだ。ゲームによっては少し注意が必要かもしれない。

 また,前述の家具配置アプリでは,画面内に手は出てくるものの,表示位置は固定で角度だけが変わる仕様となっていた。せっかくのモーションコントローラなので手を伸ばして操作したいところだが,手は伸ばせない。オブジェクトにカーソルを合わせてトリガーで選択といった感じだ。ただ,これだと注視+ボタン操作で,Gear VR単体でもほとんど同じ感じでできてしまうような気はしないではない。

 6軸のセンサーということで,3軸の傾きと3軸の加速度を取って制御を行っているわけだが,これだとモーショントラッキングはできるが,正確なポジショントラッキングができるわけではないことには注意が必要だ。加速度だけでもある程度の位置を出すことはできるが精度は低い。手が見えないVR専用機ならまだしも,実際の手の位置が見えてしまうARでは,対応を謡うなら完全な精度が要求されるのが厳しいところだろうてくるだろう。現状ではこのあたりが少し弱い感じではある。
 3軸センサーしかないコントローラに比べればモーション取得の精度は上がっているのだが,ARKit/ARCoreによってバーチャル空間内を歩き回れるような自由度が実現された現在だと,「Vive」の専用コントローラや「Rift」用コントローラ「Oculus Touch」,あるいは「PlayStation Move」のようなハンドプレゼンスを期待したくなってしまうのだ。個人的にはカメラを使って位置補正をするなどの対応が望みたいところだ。

 とはいえ,VRヘッドセットでなにかコントローラがあると格段に便利にはなる。ほとんど最低限の機能しかないRift用リモコン「Oculus Remote」でさえ,あるとないとでは操作性は大きく変わってくるわけで,AndroidでもiOSでも使え,比較的安価で提供されるVR/ARコントローラは貴重な存在である。今後ARKitやARCoreを使ったアプリが増えてくると予想されるだけに,今後の展開に注目したいところだ。

●JC-VRR02VBKの主なスペック
・対応機種:Bluetoth 4.0 GATTプロファイルに対応したAndroid端末,iOS端末
・対応OS:Android 5.0以降,iOS 10.0以降
・ボタン数:6ボタン
・アナログスティック:1本(XY2軸)
・モーションセンサー:6軸(ジャイロ,加速度)
・適合通信規格:Bluetooth 4.0 Class 2/プロファイルGATT(Generic Attribute Profile)
・使用周波数帯:2.4GHz
・電波到達距離:最大約10m
・連続動作時間:約75時間(アルカリ乾電池使用時)
・電源:単4アルカリ乾電池,単4マンガン乾電池,単4ニッケル水素電池いずれか2本
・公称サイズ:46(W)×149(D)×89(H)mm
・公称重量:約56g(※電池含まず)

リンク:エレコムVR関連製品ページ

―――――――――――――――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20171002081/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.

(出典 news.nicovideo.jp)

【PR⓵】
↓↓↓

【PR②】
↓↓↓

【PR③】
↓↓↓

ヘッドセットの購入方法などの情報、なかなか手に入らないようなアイテムをご紹介しています

ちょっと寒くなってきたっすね。

でもまぁ季節通りになってきたと言うか。

ーーーーーーーーーーーーー
単体動作するVRヘッドセット“Oculus Go”が199ドルで発表。Rift+Touchバンドル新定価は5万円に【Oculus Connect 4】

VRヘッドマウントディスプレイを手がけるOculusのカンファレンスが行われてそこで単独動作するVRヘッドセットが発表されたみたい。

これまでの殆どのVRヘッドセットはPCなどを接続してそこから映像出力を行うからスマホを中に入れてそれをディスプレイ兼コンピューターとして扱う物ばかりだったけど単独動作だからこれ一つで完結するのが最大のポイントかな。

Gear VR互換の性能を持ちつつも約2万円ちょっとで販売されるってのが最大のポイントで、Gear VRの場合はヘッドセットだけでも1万円ちょっとするのにそこに当然ながらスマホも必要なので実質的な価格はそれなりの物になるからそれより気軽ってのはありそう。

もちろん価格が安いから出来ない事もあってルームスケール的な物は出来なくてあくまでも利用者の顔の向きだけを検出するみたいだから幅は狭いのがあるかなぁ。

とは言え、気軽さではこれまでで一番なので日本の展開も含めて期待は出来そう。

あと、PCと接続するOculus Riftも恒久的な価格改定が発表されて夏頃の限定価格と同じまで下がったみたい。

PS VRやHTC Viveも値下げが行われているのに対抗しているんだろうけど買いやすくなるのは良いことじゃないかしら。

ようやくVRヘッドセットが普及価格になってきたのかもなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
ニンテンドースイッチ向け「持ち運び可能な小型ドック」と「装着型モバイテルバッテリー」本日発売。周辺機器メーカーNykoから

Nintendo Switchであると便利そうなグッズが幾つか。

純正ドックはサイズが大きいので安定性がある代わりに取り回しが悪いからそのあたりを解消した小型のドックってのは色々なメーカーが出してきてるなぁ、テーブルモードで充電しながらプレイするのも兼ねられるから意外と便利そうなんだよね。

日本の別のメーカーが発表した小型ドックみたいな有線LANがついていたりはしないけどその代わりに標準でHDMIケーブルやACアダプターが付属していてメインとは別のテレビとか持ち運びで使えるのも良さそう。

他にもSwitch本体に接続して使えるバッテリーとかもあって、こちらは純正ドックにSwitch本体ごと差し込んで一緒に充電できるみたいな取り回しの良さが魅力かな。

バッテリーのサイズ自体は大きくないみたいだけど取り回しの良さと本体単独よりもプラスアルファな部分が良さそう。

斬新なアイデアな商品ではないんだけどアレば便利って部分を上手く突いている感じなのが良さそうなのです。

ーーーーーーーーーーーーー
“よゐこのマイクラでサバイバル生活”シーズン2第1回が配信。“ゲームセンターDX”最新回の情報も公開

シーズン1が凄く好評だったよゐこのマイクラでサバイバル生活のシーズン2の配信がスタート。

前のシーズンと同様に毎週木曜日に配信されて全12話が予定されているみたいで丁度12月末に最終回が配信される形になるかな。

相変わらずのグタグダプレイ何だけど喋りのプロと映像のプロの組み合わせで楽しく見ることが出来るのが素晴らしい。

このシリーズはCSにて放送されているゲームセンターCXのスタッフが関わっており同じスタッフが手がけた任天堂のプロモーション用版のゲームセンターDXもスーパーマリオオデッセイ編が合わせて配信されるあたり上手く連携しようとしてる感じだなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
Razerがスマートフォンに着手? 11月1日に発表

ゲーミング機器を手がけるRazerがスマホを出すっぽい。

これまでもPC向けのキーボードやコントローラー以外にもコンシューマー向けのコントローラーやPCそのものも出してるしスマホ向けのコントローラーとかも出してきたからその次の段階って感じかもなぁ。

でもどんなのを出すんだろうね、スペックの高いスマホになるとは思うけどコントローラー一体型とか奇抜なものだとニッチすぎるから普通のスマホにして専用コントローラーを合体出来るとかそうしたのになるかもなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
ドン・キホーテの情熱価格12,800円のコードレスティッククリーナーを使ってみた

安かろう悪かろうではなくて安いけどちゃんと使える感じみたい。

心配なのは強度あたりかしら、使い勝手が良くてもすぐ壊れたら嫌だからなぁ。


ヘッドセット 関連ツイート

RT @POINTJP_TSUTOMU: POINTJPプレゼント企画

ロジクール3点セット
応募方法:フォロー&RT
締め切り:3週間以内
発送方法:DMでコード送信

サイト登録一切なし。過去の当選者はいいね欄にてご確認いただけます。新品未使用、マウス・キーボード・ヘッド…

うおぉ…!ヘッドセットが有線タイプしか売っていない…
ポチるしかないのか…!
 2018/03/03 13:51 akio7466
@Parumin_cos モスの上にいるから余計にデカくみえる!
フワフワクイナの2周りくらい大きかった!
そう!ホントに物欲センサー敏感すぎ!
ヘッドセットの声を盗聴されてCAPCOM側が操作してるのでは?ってレベルで出ないww… https://t.co/WOsNJvavnS

コメントは受け付けていません。