ピカピカスピカお葬式

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

お葬式についてのハイセンスなあなたのサイト

今日はアンちゃんの1歳の誕生日です。アンちゃんお誕生日おめでとう。
アンちゃんは1年前の2月24日、午後2時24分に生まれました。ちょうど6ヶ月目のハーフバースデーにあたる8月24日に、意識を失いICUに入りました。 アンちゃんが生きてくれた6ヶ月、アンちゃんがいなくなってから6ヶ月。
同じ時間が過ぎました。

お葬式の日お坊さんが
「赤ちゃんは6ヶ月まで母親の免疫に守られている。6ヶ月目で病気が急変したのは、そういうのも関係あるかもしれません。」
と言ってくれました。
担当教授の外れた診断よりも、お坊さんの話の方が妙に納得できました。

アンちゃんの本名は「杏奈」です。
「杏」はバラ科サクラ属の植物、「アンズ」を意味する漢字です。
春に桜よりもやや早い2~3月に美しいピンクの花を咲かせます。夏にオレンジの可愛い実をつけます。
「杏」は果物のイメージが強くありますが、古くから薬用にも使われてきた背景があります。
杏の種の中にある「杏仁(きょうにん)」と呼ばれる部位を乾燥させると、風邪に効く漢方になります。
中国では名医の尊称として「杏林(キョウリン)」という言葉が使われます。
ある名医が多くの人の病を治し、その患者たちから治療代をとる代わりに杏の木を植えさせ、その杏の実を売って得た穀物をさらに貧しい人の救済に当てたそうです。ここから名医のことを「杏林」と呼ぶようになったといわれています。
「杏」には、その花や実からイメージする「美しさ」や「かわいらしさ」だけではなく、「人の役に立つ」「人の助けになる」いう意味もあるそうです。
アンちゃんの闘病ブログは医療関係者の方も読んでくださることが多かったです。
小さな身体で6ヶ月を精一杯生きたアンちゃんは
「医療とは何か?」を考えさせてくれました。
本当の名医とは…その答えはアンちゃんの名前に隠されている気がします。

生まれてすぐのアンちゃんです。私はまだ帝王切開直後ですが、アンちゃんの動画撮影してます。

アンちゃんには「杏」の花や実の色が似合います。今日は花ろうそくもつけてみました。


お葬式 関連ツイート

葬儀は事前相談の時代。準備するのに早すぎるということはありません。思い立ったらすぐに電話!会員募集中0120-40-2220 https://t.co/J8NfjJNQgS お葬式のひなた
@hassemanapon01
チャイが亡くなってしまって😭
お葬式にきました!
ショックだったな…。旦那は、大ちゃんのお葬式に行ってたな…。 https://t.co/Q6k11gzdj7

コメントは受け付けていません。