トイレの個室で経済紙を読むようになったら、お葬式のしすぎかもしれない。

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

お葬式批判の底の浅さについて

   以前から是非ともお参りをさせていただきたいと思っていた場所がありました。 それは、比叡山千日回峰行の拠点である無動寺明王堂です。   
  
  無動寺明王堂は、千日回峰行のなかでも最も過酷とされている9日間お堂の中に籠る「堂入り」が行なわれる場所です。 「堂入り」とは、一切の食事、一切の水を絶ち、さらに一切眠らず、一切横にもならない「断食・断水・不眠・不臥」で明王堂の中に籠るというものです。 そのため、生きてお堂から出て来れるかがわからないので、親族や一山の僧侶達との別れの儀式(自身のお葬式)を行ったうえで籠るのだそうです。 そして、この「堂入り」を終えた行者は、「阿闍梨(あじゃり)」と称され、生身の不動明王になるとされています。  その場所こそがここ、無動寺明王堂です。        この明王堂は、比叡山の中でも特別な場所で、千日回峰行を終えた歴代の大阿闍梨様達によってお守りされています。  このお堂に参拝をさせていただき・・・とても魂が揺さぶられ、心の奥底から込み上げて来るものがありました。   明王堂からの景色   無動寺明王堂は、千日回峰行のことをよくご存知の方にとっては周知の場所かとは思いますが、一般的にはあまり知られている場所ではありません。 そのため、明王堂までの参道は、観光客も少なくて、歩いている人はほとんどいません。 たまにすれ違う人がいるかいないかといった程度で、本当に誰もいないのです。  またそこがいい!      
  明王堂までの道は、このような道がひたすら続きます。 一人ですと、少し心細く感じてしまいそうですが、静まりかえった森の中を心静かに歩くのもまた気持ちがいいものです。  さらに、たまにすれ違う参拝に来られた方やお寺のお坊さん、職員の方・・・みんな挨拶を交わしてくださるのです。 挨拶を交わす事なんて、ごく当たり前のことだと言えば当たり前のことなのですが、私達の日常生活のなかで見知らぬ方とどのくらい挨拶を交わすことがあるでしょうか・・・。  とっても心が温かくなりました。  なんと言っても、特に印象的だったのは、お寺の方が非常に親切に接してくださったということです。 初めてお寺を訪れた私に対してまでも、本当に丁寧に対応してくださったのです。  こんなに嬉しいことはありません!   
  静寂な森の空気、親切で温かな言葉、私と仏様との時間・・・こんなに素晴らしい場所で、こんなにも善きひと時を過ごすことができて本当に良かったです。  また是非とも参拝させていただきたいと思いました。     【PR】誰でも副業に取り組める!具体的な方法をわかりやすく解説!!☆全136ページのマニュアル☆
☆52本のビデオ☆
次々と大きな成果が出ています^^01インターネット転売プログラムプレゼント  


お葬式 関連ツイート

RT @anonymous201504: 【野党審議拒否】野党の女性議員達がセクハラ抗議の意味を込めて黒服を全員が着用~ネットの反応「ハリウッドの真似か…キモっ」「テレ朝にも黒服で抗議しにいけ!」「自分達のお葬式用の喪服ですか?」 https://t.co/y1i2mWM3uR
一生そのままでいるつもりですか。一生その、醜いぶよぶよの体でいるつもりですか。どんな記念写真も、お葬式の写真もその顔でいいんですか。
@keisukedosu 現社ほんまに死ぬかもしれへん
お葬式来てな

コメントは受け付けていません。