どこまでも迷走を続けるインスタ映え

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

インスタ映え ひとみ・すこやか

それは10日放送の、日本テレビ『踊る踊る踊る!さんま御殿!!3時間SP』でのこと。
飲食店でインスタグラムを投稿する女性達に、僕らのてっちゃんが苦言を呈した。
飲食店で注文した料理の見栄えが地味だと「インスタ映えしない」「“いいね”がもらえない」と、不満をもらしていると指摘、「ご飯を食べに来たんだろ!」「(料理を)持ってきれくれたら、僕たちはまず『いただきます』でしょ!」と、ヒートアップ。
モデルのみちょぱらインスタ勢は、インスタ投稿は自己満足であると自ら注釈を入れた上で、「お店のPRになる」と説明したが、「もっとハートで勝負しないと」「コックさんに『いいね』って言ってほしい。『きょうはいいねです』って」と…。
ああ、こういうとこだよなぁ。
やっぱり出川は育ちがいいんだ。老舗のお海苔屋さんのご子息らしいなあ…と、思った次第です。
インスタ勢のマナーの悪さ
料理がきたら、まずパシャる。
それを前提としている店も増えているから、それがまた、彼ら彼女らの行為を助長する。でも、インスタだのTwitterだのFacebookだのができる前から商売をしていたお店の人達は、どう思っているのだろう。
買って、撮って、捨てられた食べ物が、ゴミ箱から溢れている写真を見て、涙したのではなかろうか。パン屋の知人の言葉が思い出される。
「パンやケーキやスイーツの断面を撮って、投稿するのが流行ってて困るんだよね…」
「他店に盗まれるし、断面まで見られるの前提に作ってないし」 
「店頭で、切って下さい、中身を見て納得できないと買いませんとか、ドヤ顔で言われると…」
えぇ……、今、そんなんなっちゃってんの?と、びっくりしたのが思い出されます。
そういえば、昨年のクリスマスケーキのパンフレットやポスターに、ケーキの断面画像を載せたお店があった。季節ものは一発勝負、他店もパクってる時間がないからとの、ケーキ屋さん達の苦渋の決断だそうで。
インスタ勢…なんて迷惑な…と、思ったわけですが、更に厳しい声も届いているわけで。
インスタ勢は客層を下げる
そもそもなぜ、料理の写真を撮るのか。みちょぱも自ら言ってますが、自己満足の為、ですよね。
いや、正確には『自己顕示欲』では?と思ったわけですが…。
こんなお店でランチしたんだ♪ちょっと高いけど、お気に入りだから♪話題のスイーツ、もう食べちゃったんだ♪いいでしょ?オシャレでしょ?すごいでしょ?
インスタ勢で、そうはしゃいでいるお店には、当然常連さんもいるわけで。日頃そのお店や、その街で食事している人達は、思うわけですよ。
それ、そんなに珍しいかい?あなたの普段の食事、そんなに貧しいのかい?
そうすると、そんな人達がキャッキャしているそのお店で食べるのが、恥ずかしくなってくる。
ほんとに好きで通っていたお店なのに、流行りに乗って騒ぎに来た人と同じに見られるのが嫌で、「ブームが去って、落ち着いたらまた来よう…」と、足が遠のいていく。
「まともなお客さんほど、そうして離れちゃうんだよね…。で、インスタ客ばっかになるから、客層がガクッと落ちるんだよ。食べ残しも多いし、長時間居座るし、客単価下がるし、ほんとにキツイ」
「まあ、常連さん達とは、歴史も信頼関係もあるからね。好みもわかってるし。落ち着いたら戻って来てくれるとは思うんだけど、寂しいなあ…」
だから、歴史のある有名店ほど、取材や撮影が禁止されている、と…。
なるほど納得。てっちゃんも、老舗のボンとして、そのへんに思うところがあったのかはわからんが…。
それでもインスタ!
それでもパシャパシャしたいなら、オープンしたての店を巡って、PRしたくてインスタ映えを意識している商売人さん達と、WIN☆WINな関係を結ぶのが良いのではなかろうか。
撮られることを望んでいる店も、確かにある。それを見極め、自らの写真でバズらせ、贔屓の店にし成長させてこそ、誇れるインスタグラマーではなかろうか。
撮る前に、「いただきます」を言ってから。


インスタ映え 関連ツイート

RT @sakata_77: 圧倒的アピール力でインスタ映えを狙う子猫 https://t.co/qR262ohqvi
RT @70_naoueki: 昨日のわたしの渾身の
花持ちプレイをなつみかんに早速いじられた朝でした。

インスタ映え追求した結果こうなったの😡
2回公演かんばります😡笑

追い写真(笑) https://t.co/Da8SNQ1idE

 2018/04/21 10:10 kanayoshi_0701
RT @oh30_kamo: こんなインスタ映えスポットにも
Twitter映えする看板があった https://t.co/gEkWX4k7jm

コメントは受け付けていません。