お葬式 祝 子育て満開

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

お葬式の中に含まれるロハス的なイメージが私は苦手だ

こんにちは。
ちょっと面白い話を聞いてしまったので、文字に起こしてブログにします。

「人によって同じ曲でも聴こえ方が違う」っていうのを身をもって体験したことがある人はかなりの数いると思うのですが、それを「なんで?」って聞かれてもイマイチぴんと来ないというか。多分そういう人が殆どなのかなって思います。事実、私もそのうちの一人なのですが。

なんですけど、さっき言ったみたいに面白い話を聞いちゃったんです。ヒントっていうか、もはや答えでしたね。

なんとなくこういう理由でかな、、ってかつて考えてみたことはありました。でもやっぱりよく分からず、ずるずる引きずってたところにもう電球立ちまくりですよ。ひどく納得しました。なのでそんなお話を今日します。

まず、音楽に意味(楽しいとか切ないとか)をもたらすものってなんだ、って。音楽は音の連なりだから、音以外にないよな、、って言いたくなるけど意外とそうでもないらしい。正確に言うと、音「だけ」ではない、と。

じゃあ何が音楽に意味をもたらすのかって言って出てくるのが、個々人のバックボーン。美学とか価値観とか信仰とか慣習とか。これは99.9%の人が身に覚えがあるのではないかと思っている。

例えば、直感でこの曲イケてる!!ってなったり、親の影響で80年代の曲に猛烈にハマったり。「なんでこの曲が好きなの?」って聞かれても、「好きだからです。」としか答えられないような。

ただ、美学や価値観は信仰に基づいていたりもするので、一概に個人の趣味とは言い切れない場合もあります。

そして2つ目に出てくるのが、社会的・時代的背景。1つ目の個人のバックボーンとは全く無関係に存在するもの。

どういうことかって言うと、60年代にビートルズが出てきたときの世間の反応を見ると分かりやすい。らしい。私はその時代にはまだ生まれていないので、以下の話は完全に人から聞いた話ですが。

例えば、当時ビートルズの音楽がそれまでの音楽とは一線を画す斬新なものだったそうで、そんな斬新すぎる音楽にひどく興奮して失神する人や、逆にショックを受けて「こんなの下品だ!音楽じゃない!」なんていう風に叩く人がいたとかなんとか。

けど、今ビートルズを聴いてそうなる人はおそらくいないじゃないですか。ジェネレーションギャップと言ってしまったら少し希薄な気もするけど、それに似た感じ。これがここで言う社会的・時代的背景。

で、ここからが本題になるのですけど(前置き長)

ちょっとこちらを30秒で大丈夫なので聴いてみてください。で、「「「音だけを聴いて」」」どう感じたかを少しだけ記憶しておいてください。(動画タイトルが超ネタバレしてるので目を瞑ってURLをクリックしてくださいな)

https://youtu.be/g8wQAQdrS6E

どうでしょう。

聴いてみて、どう感じましたかね。

私は、アフリカ系民族が固有の儀式や祭りで、代々伝わる民族音楽を演奏しているその周りには踊ってる人が沢山いて、、楽しげな雰囲気、、!!!(想像力豊か)ってな事を感じました。

実はこれ、インドネシアのバリ島のガムラン・アンクルンという音楽なのですが、

なんとバリ島の人はこの音楽に悲しさを覚えるそうです。

ちょっと驚きませんか。「え!?」って思いませんか。

では、何故私やあなたはこの音楽を「楽しい」と感じる一方で、バリ島の人は「悲しい」と感じるのでしょうか。そしてそれは個人による問題なのでしょうか。

答えは意外と簡単でした。このガムラン・アンクルンという音楽は、バリ島でお葬式の際に演奏されるもの。だからバリ島の人はこの音に悲しさを覚えるのです。

つまり、この音楽を聴いたときの印象を他でもない「記憶」が作った、ということ。

もっと詳しく言っちゃうと、「状況や感情と結びついた音楽の記憶の蓄積」が 「音楽を聴いたときのイメージ」を作った、ということ。

さっきガムラン・アンクルンを聴いてあなたが抱いた印象っていうのは、「音楽そのもの」からインスパイアされたものではなく、全てあなたの頭の中の「記憶」から引っ張り出されてきたものなのです。

だから、今まで私たちが当然の如く感じていた「長調=楽しい」とか、「短調=悲しい」とかって概念は実は自然でも普遍的でも何でもなくて、それは単にヨーロッパ音楽を中心とした教育によって培われた感覚なわけです。

だから音楽を聴くって行為は「音」だけのやりとりなんかでは決してない。

経験や記憶と密に関わっている音楽は、例え全員が同じ空間で同じ時間に同じ音楽を聴いても、それぞれに同じように音楽が聴こえることは絶対にない、って教授が言ってました。

これを聴いた私がますます音楽やライブが好きになったということは言うまでもありませんね。
単純なのに複雑な音楽。素敵だな。


お葬式 関連ツイート

@hassemanapon01
チャイが亡くなってしまって😭
お葬式にきました!
@adjtwtje_ofy おはよう☀☀
今日は暑くなるそうです

まさかの
2ヶ月連続のお葬式のため
てんやわんやでしてて
入院したことを
今、知りました。
ごめんなさいね。

待ってるからね♡♡

またお話しましょ~(笑)

(*≧ω≦*)シ(笑)

靴だけで踊る「踊り続ける赤い靴」。母想いの少女が、亡くなった母に買ってもらったそれを大事にしていたけども、お葬式なんかにも履いてしまって糾弾される…それでも靴を履き続け、やがて踊り続ける呪いにかかり、死ぬまで許されなかった…そんなお話よ。キリスト教的には良いお話しらしいの。

コメントは受け付けていません。