お葬式大特集!

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

お葬式のサイト

だいぶブログから離れていました
すみません…
昨日、マロンさんが虹の橋を渡っていきました。
誕生日まであと4日だったのに(誕生日は22日)
次の日が長男の誕生日だからなのか、マロンさんは旅立ってしまいました。
昨日の朝、いつものようにおしめを替え薬を与えて私は外出しました。
いつもどおりだったので『大丈夫かな?』と思いながら出たのです
お昼に家に帰ってきた時に寝ているマロンさんを見て呼吸が荒いマロンさんに慌てて動物病院に電話をかけて時間外で診てもらえたんですが
原因は……胸水が溜まっていたんです
もう点滴していた輸液をおしっことして体から出すことができなくなっていました。
確かに朝に替えたおしめにおしっこがなかったことにこの時気がつきました
おしっことして出せないのなら輸液はできない
輸液ができないということは『打つ手がない』ということです。
『胸水は抜きました。心臓の圧迫がなくなるので呼吸は楽になると思います』
確かに呼吸は楽になっているようでした。
先生方に挨拶をして動物病院から家に帰ってきました。
先生からは『あと二、三日になるかと思います。お家でゆっくりさせてあげてください』と言われていたので
マロンさんが使っていた座布団に毛布を敷いてそこに寝かせました
時折、私が違うところに目を向けると
うわごとのように『ウー』と一鳴きして私の視線を自分に戻させます。
床ずれしないようにと体の向きを変えようとするとまるで走っているかのように足をバタバタさせました。
もし私が仕事に行っている間に1人で逝ってしまったら、それは後悔しても足りなくなるので会社に行き休みをいただきました。
店長に話している間も涙が止められなくて、『二、三日』が永遠にこなければいいのにと思っていたのですが
夕方17時45分過ぎに1度目の痙攣を起こしました
前脚がまるで私の手を探しているかのような痙攣でした。
握ると止まり、『パパが帰ってくるまでまだ逝ったらあかんよ』『まだ早いから』
そうマロンさんに話かけていました。
18時15分過ぎに吐きそうな感じで苦しそうで
寝ている座布団を汚さないようにペットシーツを敷いたけれど、食べてないから出るものはなく
何度目かの吐こうとした後に2度目の痙攣が起き
抱き起こしたと同時に亡くなりました
私の手の中で力がなくなったマロンさんがいて信じられなくて
掛けていた毛布を取って呼吸を確認するけどしてなくて、あんなにキラキラしていたマロンさんの目に光がなくなっていて
私が泣き叫んだ声で息子たちが二階から降りてきました
最期に立ち会えたのは私だけでしたが、あの瞬間を息子たちが見なかったことに少しだけ安堵しました。
主人の携帯に連絡をして、帰ってきた主人も泣き崩れて、
一時は回復しかけていたマロンさんだけに
1日経ったいま家族みんなが信じられない感じです
お墓はクロちゃんがお世話になっているところと一緒で、今朝みんなでお葬式をしてきました。
クロちゃんの命日が今日19日なので、クロちゃんがマロンさんを迎えにきたのかもしれないなぁ〜って話してたらまた泣けて
マロンさんの写真や動画を見ていても泣けて
マロンさんがいないリビングを見ても泣いてしまう私です
家の中はマロンさんとの思い出がいっぱいで正直ツライんですけど仕方ないよね
虹の橋の向こう側に私もいつかはいくので、その時は待っていてくれるかなぁ〜と思っています。
クスリを飲ませたり、スープを飲ませたり、嫌がるおしめを替えたりしていた私だけど
最期は私のことを許してくれたでしょうか?
最期に鳴いたマロンさんの声はずっと忘れません


お葬式 関連ツイート

@hinatasougi 10:02:38に、おはようツイートが届きましたぁ。O(≧∇≦)O

2018年4月21日
お葬式のひなた(家族葬、葬儀)たんのラッキーな方角は…
【→あっち の方向】 だよ。

今日も、素敵な一日を過してね。(`・ω・´)ノ

一生そのままでいるつもりですか。一生その、醜いぶよぶよの体でいるつもりですか。どんな記念写真も、お葬式の写真もその顔でいいんですか。
信頼できる葬儀社の選び方やお葬式の見積書の見方などを紹介します。葬儀葬式メモリアル.jp  https://t.co/JAp62rODQX

コメントは受け付けていません。