お葬式人気は「やらせ」

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

もう一度「お葬式」の意味を考える時が来たのかもしれない

結婚式の親族控室。白無垢と角隠しの姉は、弟としては言いにくいが、驚くほどきれいだった。真っ白な花嫁は、紅が崩れぬよう気をつけながら、タバコを吸っている。 父は、無言だ。眉間に皺をよせて、こちらもタバコを右手に持ち、口と灰皿を往復させることが今すべきことのようにしている。彼の空気を反映して、こちらの親族はやや静かだ。姉II みずから、お祝い気分を盛り上げようとしたのか、父に「感無量でしょ?」と、吐く煙のような軽さで聞いた。 父は答えなかった。かわりに、大粒の涙をぽろりぽろりと、こぼし始めた。眉間に皺をよせたまま、ハンカチを出した。音を出さない。 姉のバカ。ニヤニヤしている18歳の弟もバカ。タイムスリップした49歳の僕の登場だ。喜びで感動しているとお気楽な解釈をするなよ。「何もしてやれなかった」と悔しくて泣いているのだ。叱りすぎて大泣きした娘の顔と声。非行と家出を止めれなくて、いやむしろ自分が原因でなかったかと、責めつづけた日々。姉よ、十字架を負え。この結婚と幸せを守りぬき、二度と父を心配させるな。 泣いている父に教えてあげよう。ずいぶん待たすが、10年後に彼女は、あなたの初孫を産む。男の子だ。そして、ふたりの女の子たちを。あなたは孫たちを溺愛する。長男は両親に似てヤンチャだが、リーダーシップを発揮できるいい青年に。女の子たちは、聡明で素直、容姿もいいよ。そして、2017年、短大に入学し親元を離れた長女。大きな目。母親にそっくりだ。この子をあなたは、どのように眺めるだろうね。感無量。そのときこそ、使う言葉だよ。 「姉IIの反乱」 おわり お時間があるとき、エピソードごとに読んでいただければ、嬉しいです。1.    お葬式(プロローグ) (1-7)2.    ブログを始めるにあたって3.    カミシマ君の誕生日会 (1-9)4.    昭和のカラーテレビ、わが家に普及せず (1-8)5.    家族と、いただきます (1-8)6.    年間行事したり、しなかったり (1-11)7.    ソバオ、家族から離れる (1-22)8.    父の遺伝子、覚醒か? (1-12)


お葬式 関連ツイート

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき奥さんが「あのね、親戚とか友達とか自分の大事な人達がみんな集まってくれるのは人生で3回しかないんだよ。生まれたときと結婚式とお葬式。その中で記憶に残るのは結婚式だけでしょ?」って。なんか心に響いた。そんな朝でした。
@adjtwtje_ofy おはよう☀☀
今日は暑くなるそうです

まさかの
2ヶ月連続のお葬式のため
てんやわんやでしてて
入院したことを
今、知りました。
ごめんなさいね。

待ってるからね♡♡

またお話しましょ~(笑)

(*≧ω≦*)シ(笑)

お葬式とかしないで二万円ぐらいで遺体処分するコースとか無いの

コメントは受け付けていません。