お葬式をメイン商品として品揃えしております、手頃な価格で買いやすい商品がいっぱいです

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

お葬式が欲しいのではない。キレイが欲しいのである。

2017年9月17日
[波乱の第2ステージ]私の父親の訃報。急でした。
幸いにも病院から連絡を受け駆けつけた母親と弟と妹3人で看取ってもらうことができました。
さて 実家まで🚗で高速でノンストップでも7〜8時間かかる。私は高速運転できない。娘たちに連絡を入れるが仕事を調整しても19日の火葬に間に合うかどうか😨
実家の方では昔からの風習で火葬が先でその後、お葬式が執り行われるのですですから遠方で知らせを受けた人は火葬に間に合わずにお葬式に出席することになることも多い😰
ましてや
今回は17日に亡くなり葬祭場等の都合で19日に火葬してお通夜。22日にお葬式だというのだから遠方で会社勤めをしていれば移動日合わせて1週間も休みを取ることになるのです。
せめてお別れの火葬はお葬式の後にしてもらいたいとお願いしてみたが田舎は田舎の風習があるからと却下😱
どんな風習なんだ😤🤔

とにかく
ガリガリ君と私は 先に帰らねば‼️新幹線か?荷物は送る?バタバタと準備をするが手につかない💦💦
覚悟はできていたはずなのに何も手につかないってこういうことなんだ💦
三女がすぐ休みを取らせてもらえることになり三女の🚗で早朝出発で向かい、長女と次女は火葬には間に合わないのでお葬式に合わせて後から来ることにしました
田舎の風習納得できない‼️変えてくれ〜
ガリガリ君、ちょっと元気ないけど3日前の診察の時も問題なしだったし大丈夫だよね?😔ガリガリ君👀


お葬式 関連ツイート

「心に寄り添える」そんな存在になりたい。株式会社オフィスシオン専務取締役寺本恵美子がお葬式への思いを語ります。https://t.co/yhwk4pufeH
aviciiガチか
お葬式なるものがあるのが知らんけど、そこでWake Me Up流したら彼のことやし何事も無かったかのようにおはよ!って言うんちゃうか
安らかに Not afraid to close your eyes
「お葬式の案内とかくるよねえ、喪服出しとかなきゃ。猿っち喪服持ってる?」
「持っとらん。つうか行かんくていいやろ」
「そういうわけにはいかないよ、角が立つじゃん」
「お前一人で行けちゃ」
「えー猿っちも行こうよー」
って帰る
 2018/04/21 10:30 uqx0g

コメントは受け付けていません。