お葬式をよりお買い得に購入できるサイト情報、機能的なものを探したい名なたにぴったりの通販サイトです

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

お葬式でできるダイエット

あまり耳馴染みのない言葉ではないかと思います、「エンバーミング」。
人が亡くなった後、遺体を長期保存する為の処置です。物凄く簡単に言うと「体の血を、全部抜く」処置なんだな。
実は、たぁくんのおばあちゃんが先日亡くなった際、これをやりました。すぐにお葬式、火葬が出来なかったからです。

以下、エンバーミングの必要性や、手順についての記述です。感染症の防止人間や動物が死亡すると、体内の自己融解酵素や微生物などによって、細胞単位での体の分解が始まります。この現象を腐敗と呼びます。病原体が原因で亡くなった場合、菌は死亡後も遺体の中に残り続けることになります。腐敗していく体とこの病原体が合わさることで、病原体の危険性は生前よりも高まってしまいます。また、遺体の腐敗と同時に死肉食性の昆虫も集まり、感染症の拡大に大きな影響を与えます。腐敗を抑えて感染症を防止するというのが、エンバーミングを行う大きな理由です。残される遺族のため遺族からすれば、遺体はできるだけきれいな状態に保っておきたいと思うもの。そのためには、遺体の損傷を出来る限り抑えなければなりません。エンバーミングは防腐処理を施す以外にも、キズなどを隠したり、全身を洗浄してきれいにしたりという作業も行います。遺族がきちんと故人を見送れるようにするのも、エンバーミングを行う理由のひとつです。エンバーミングの手順エンバーミングはエンバーマーと呼ばれる専門の技術者や、医学資格を持った医療従事者によって行われます。その手順は次の通りです。 

① 全身の消毒処理および洗浄を行う。 
② 髭を剃る、表情を整えるなどの処理を行う。 
③ 遺体の一部分を切開し、動脈から防腐剤を注入する。同時に静脈から血液を抜く。 
④ 腹部に小さな穴をあけ、胸腔や腹腔に残った血液あるいは腐敗しやすい残存物を鋼管で吸引し、同時にその部分にも防腐剤を注入する。 
⑤ 切開した部分を縫合し、それ以外の損傷部分についても修復を行う。傷痕はテープなどで隠す。 
⑥ 最後に全身を再び洗浄し、衣服を着せて表情を整え直す。 

上記は一般的に行われる方法で、数日~2週間程度遺体を保存することができます。また、これよりも徹底した処理を行えば、さらに保存期間が長くなります。 
加えて、メンテナンスによっても保存期間を伸ばすことができるため、遺体の永久保存などでは定期的にメンテナンスを行います。

すごい技術だよね。とても難しい処置な上、日本にはまだそういう風習が広まってないので、日本人のエンバーマーはまだまだ少ないらしい。おばあちゃんを処置してくれたのも、外国人だったそうです。ぶっちゃけ金額も結構します。一週間ドライアイスを交換し続けるのの、倍くらいする。それでも、たぁくんママ曰く「色々考えたらねぇ、お金に代えられないからね」と。
アメリカでは90%が行っているというエンバーミング、これから徐々に広まっていくかもしれませんね。


お葬式 関連ツイート

陽菜子:お葬式って本当にやる必要あるの?お坊さんのライブツアーにしか思えないわ。 打楽器打ち鳴らして、ボーカルが低音響かせて供養できるのかしら?

サソリ番長:笑った。確かに僧だね

念仏番長:スピーカーはBOSE

剛力番長:逝かれたメンバーを紹介しますわっ!

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき奥さんが「あのね、親戚とか友達とか自分の大事な人達がみんな集まってくれるのは人生で3回しかないんだよ。生まれたときと結婚式とお葬式。その中で記憶に残るのは結婚式だけでしょ?」って。なんか心に響いた。そんな朝でした。
aviciiガチか
お葬式なるものがあるのが知らんけど、そこでWake Me Up流したら彼のことやし何事も無かったかのようにおはよ!って言うんちゃうか
安らかに Not afraid to close your eyes
 2018/04/21 10:03 yu1p0nmugita

コメントは受け付けていません。