お葬式へようこそ!

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

時計仕掛けのお葬式

2011年の日本映画です🇯🇵宇仁田ゆみ先生の人気コミックが原作です。脚本・監督はSABU。

27歳、彼女なし。ごくフツーのサラリーマンであるダイキチ(松山ケンイチ)が、祖父のお葬式で出会った孤独で悲しげな女の子は、おじいちゃんの隠し子だった⁉︎引き取り手のないその少女りん(芦田愛菜)を男気を見せて連れ帰ったダイキチ。こうして、突然、二人の共同生活が始まった!慣れない子育てにあたふたしつつも、いつもりんのことを一番に考え、底なしの優しさで包み込み育てていくダイキチ。そんなダイキチに心を開き、無邪気な笑顔を見せるようになるりん。ひょんなことから一緒に暮らすことになった二人が、周りのみんなに支えられ、見守られながら、本当の家族のような愛情と絆で結ばれていく……。

原作は読んでいません。
皆さんのレビューを拝見するとかなり裏切られた感がある作品みたいですが
映画としてはまあまあ面白かったと思います。
松山ケンイチさん…大好きな役者さんで彼が出ていたら間違いない!的な感じが私の中であったのですが
松ケンさん以上に芦田愛菜ちゃんがとても好演でしたね〜😌
子役ながら凄い色気と表情でつくづく天才だなぁ…って思いました。個人的にはあまり好きじゃないですが💦

松ケンさん演じるダイスケは本当にイイ人でしたね。イイ人すぎて現実離れした感じもしました。
ダイスケの妄想ダンスシーンが前半に頻出しましたが
あれは必要だったのか??ダンスシーンのせいで作品全体が軽薄になったように思えます。
脇を固める風吹ジュンさん、中村梅雀さんらベテラン勢そして桐谷美玲さんや変質者にしか見えなかった(笑)綾野剛さんも良かったですね。シングルマザー役の香里奈さんだけがちょっと残念でしたが💦

『イクメン』なんて言葉が近年流行っていて子育てに参加するお父さんがもてはやされていますがシングルファザーの現実ってこんなに安易ではないですよね?もっとシビアな側面も描いて欲しかったです。

う〜んやっぱり現実離れしたお話だったかもしれませんね。

お時間があれば観てください。


お葬式 関連ツイート

@mi5152 お葬式おじさん
私の最推しが死んでからずっと心はお葬式状態だから👊😭
兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき奥さんが「あのね、親戚とか友達とか自分の大事な人達がみんな集まってくれるのは人生で3回しかないんだよ。生まれたときと結婚式とお葬式。その中で記憶に残るのは結婚式だけでしょ?」って。なんか心に響いた。そんな朝でした。

コメントは受け付けていません。