お葬式についてアメリカ人100人に訊いてみた

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

ジョジョの奇妙なお葬式

そして【あの人達】は、
次々に【昔の漫画を読んだ事があるか❓】
…を聞いてきた。

なので私が最初の頃に、
【娘が小さい時】に、
《積み木でお城を作ってた時の話》を
してたいたので、

その後【あの人達】が、
【国のお抱え占い師で100%の確率】で、

《現在・過去・未来》が分かる人達と、

【星の観測を専門で生まれた時】から、
《代々後を継ぎ職業が決まってる人達》が、

【力を合わせて仕事をする】から、

《その人達》が、

【娘の持つ星の動き】で、
【《その星の過去》を調べた結果】、

【娘の前世が《本物のお姫様》】で、
【何処かの国に《本物のお城を持ってた》】
事が分かったから、

【娘は本物のお金持ちの家の娘】で、
【娘さんは本当のお姫様だった】

…と言われた。

だから、

【身の回りのお世話をしてくれる者】に、
【ドレスとかを毎日着させて貰ってる】
【本当に良い家柄のお姫様だった】。

だから、

【あの時に積み木で作っていた】のは、
【その時のお城だと思う】。

だから、

【言葉もまだ喋れ無かった】のに、
【長時間《会話が出来た》んだと思う】。

…と言われた。

そして、

【宙に浮かんだ話】は、
《裏は取れてはいる》けれども、

【証拠に成るビデオが残って無かった】し、
《そのビデオ》も、

【貴女が止めた瞬間】、
【娘さんは《1メートル近く》迄】、
《宙に浮かんだ》

しかも、

【直ぐに落ちるかと思い】、
黙って見てたから、
【ビデオを回して無かった】。

だけど、

【いつまで経っても下に落ち無い】から、
【ビデオを回そうとしたら降りた】
…と、

【貴女から聞いた】けど、

【この時に《誰か一緒に観てた人間》】は
居なかったか⁉️

…と確認したら、

【ご主人の方の両親】が、
《その日》たまたま【札幌から来てた】。

そして、

【ご主人は仕事で居なかった】けど、
《この時も》たまたま、
【3人で娘さんを観てた時】に、

【テレビを観てた娘さんの体】が、
【空中に浮かんだ】と言ってたけど…

実は、

【ご主人の親の仲良くしてる知り合い】
からも、

【ご主人の親に付いて確認してた時】に、
《その話》は、
【ご主人の母親から既に聞いていた】。

そして、

【本当に《宙に浮かんだ》と驚いてて】、
【1分近くは浮かんだままだった】

…と言ってたらしい。

そして、

【お父さんの方も同じ事を言ってた】
から、

だから、

【貴女の話が《嘘を付いてる》】とは、
【最初から思ってはい無かった】。

しかし、

【その瞬間を見た人間】が、
《全員、身内の者しか居なかった》から、

【身内からの情報だけ】では、
返って《作り話》だと受け取られ兼ね無い
から、

だから、

【そのビデオさえ有れば】、
【娘さんの《証拠に成った》のに‼️】

…と言っていた。

だから、

ソレを思うと非常に残念だけど、

【その直後にご主人は帰宅した】と言うし、

【藤田とご主人が《貴女の家で会った》】
のは、
《1回限りだった》と言うし、

【藤田が貴女の家に行った】のも、
【その日が《たまたま》初めて】で、

【藤田が《帰ろうとした瞬間》】
【ご主人が《たまたま》帰宅】して、

【玄関で鉢合わせをした】と言うし、

その瞬間、
【藤田は帰ろうとした】けど、

貴女が【藤田】にも、
【昼を食べてく様に勧めた】から、

【藤田は《ご主人から自分の事》】を、
《何か聞いてて》、

そして、

【2人で事前に打ち合わせをして】て、
【食事に毒でも盛って殺すつもりだ】
…と思ってたらしい。

そして更に【ご主人】が、
【あの時の男性かどうか❓】を
確認したかったらしい。

しかし…
【ご主人が作ってくれたチャーハン】を
食べても死な無かったし、

【自分は旦那と上手く行って無かった】し、

【貴女とご主人が仲良く話してる】のが、
羨ましいと思っていたり、

【自分は旦那から食事の支度】なんか、
1度もして貰った事が無かったから、

だから、

【調査員の調べ】で、
【藤田の過去で独身時代の事が分かった時】

【藤田に《ご主人の弟に直接》】
【電話をする様に言った】ら、

【ご主人の弟は《藤田がどんな女》か⁉️】
…を知ってるくせに、
【自分の実の兄を裏切り】、

【お金が貰えると知ると】、
【嫁の母親と嫁の3人で話し合い】、

【自分の実の兄から貴女に乗り換えた】
から、
【この3人もトンデモ無い】と、
我々は判断したし、

【弟は《あなた方家族》】が、
【これから大変な危機に陥る】のを
知ってても、

【自分の実の親には何も連絡】せず、
【嫁の身内の心配をしていた】し、

【嫁と嫁の母親】は【自分たち】が、
【ご主人の実家の親のお金】と、
【弟を利用してる事】を、

【貴女が気付いて知ってた】から、
慌てて、
【電話で相談してた】けど、

【その電話は我々が電話会社に話して】
【全部《盗聴して録音してる》】のも
知らずに、

【自分たちの企みが弟にバレタ時】の、
【慰謝料や家のローンの心配】や
【養育費や親権の話をしていて】、

【もう1人子供を産んで3人にしとけば】
【向こうの親は孫には甘い】から、

【お金が無くて生活が苦しい】
…と分かれば、
【お金をくれる筈だ】とか、

【その前に弟が死んだら】、
【保険金が貰えるから家のローン】を
【支払う必要が無い】から、

【お母さんと暮らせる】とか、
《あの嫁は言ってた》し、

【息子が大学に行けば】、
《あの母親》なら、
【欲しい物や食べたい物】を

【息子から言わせておけば】、
【絶対に送ってくるだろう】し、
【必ず《現金でお小遣い》を入れて来る筈】

…と、

【貴女の読み通りの事を言っていた】から、

【こんな親子に《自分の死亡金の話》】を
されてるなんて【弟は知らず】に、

【《自
分の親兄弟》を裏切ってる】から、
【弟もトンデモ無い人間だった】けど、

【藤田を通して貴女とも直接話してる】
のに、
【貴女の心配もして無かった】から、
【弟にも天罰は落ちる】けど、

【ご主人の父親も貴女と話してる】し、
【藤田と戦ってる事も知ってる】のに、
【貴女を裏切った】し、

【ご主人の母親】も、
【どれだけ自分たちの家族】が、
【貴女に良くして貰ってたか】の
【恩も忘れて】、

【自分の息子の話しか聞かず】に、
【貴女を見捨てようとした】から
【天罰が落ちるのも仕方が無い】。

だけど、

【これらの事を全部貴女も知った上】で、
【藤田と戦っていた】のに、

【この女】は、

【ソレでも貴女がご主人から愛されてる】
から羨ましかったから、
【頭に来ていた】と言っていた。

だから、

【貴女のご主人が《昔》藤田にした事】を、
《勝手に誤解をして逆恨みをしてた》から

だから、

【ご主人が《あの時の男》】なら、
【絶対に《自分を許す筈が無い》】
…と思ってたみたいだ。

だから、

【貴女とご主人が2人】で、
【自分の事を本気で殺そうとしてる】
…と思って怖くなり、

【今度は《自分が》貴女を脅す為】に、

【自分の旦那の母親が病院から貰ってる】
【睡眠剤を包丁で細かく砕いて】
【貴女に出すお茶に混ぜて飲ませた】
らしい。

だけど、

【これでもう自分の家には来無いだろう】
…と思っていたのに、

【今度は《貴女の方から来た》】から、
【本当は驚いてたみたいだ】。

だけど後から、

【我々が貴女に《どうして自分から来た》】
のか❓を確認したら、

【その後からご主人】から、
【あの時の女が《藤田》かもと言われた】り

【調査員が《藤田を罠にハメる為》】に、
【1番最初に《貴女に近く様に言った》】
時に、

【貴女が《一向に来無い》】から、
【藤田に如何にかして家に呼べ】
…と言ってたみたいで、

【藤田】が、
《自分の娘を利用》して、

【貴女の娘さんを使い《貴女を呼んだ》】
けど、

【貴女は《娘さんが人質に取られた》】
…と気付いてたから、

だから、

【ご主人からも《もし藤田》】が、
《あの時のあの女》なら、

【自分だけじゃ無くて《自分の娘》】にも
【必ず絶対に被害が及ぶ】
…と言ってたのを聞いてたから、

だから、

【自分の娘を守る為】に、
【藤田が《その時の女かどうか》】を
【自分の目で《確認》してた】

…と聞いた時に、

【我々はトンデモ無い事をしてしまった】

…と、深く反省をした。

だから、

【藤田が出したお茶や水は一切飲まず】、
【自分から珈琲を持って来て】、
【藤田にも飲ませてた】とか、

【水は冷蔵庫の麦茶も要らないと言って】
【水道水の水を飲む時】にも、

【食器棚から自分が指定したコップ】を、
【更に藤田に洗わせて】、
【藤田にも石鹸で手を洗わせて】、

【更に《布巾》では無くて】
【ティッシュで拭かせ】て、

それから、
【自分で水を汲んで飲んでた】

…と【藤田から聞いた時】に、

どれだけの恐怖を抱えていながら、
娘さんを守ろうとしてたのか⁉️

…とか、

【その時の貴女の気持ちを考えると】
【本当に申し訳無かった】だけでは
【済まされ無かった話だと思ってる】。

…と言って、

【あの人達は謝罪をしてくれた】。

そして、

だけど【こんなタイミングの悪さ】も、

本当は《コレも最初から決められた事》
だったのかも知れ無いので、

暫く様子を見させて貰っていた。

…と言われた。

そして、

【娘さんを芸能界にデビューさせる時】の
シナリオを書く事に成ったから、

【新しく《娘さんの証拠のビデオ》】を
作る事にした。

だから、

【エレクトーンを演奏してる姿】以外にも
《ビデオは撮って置くつもり》だし、
【証拠の写真も何枚か残して置くつもりだ】

…と言われて、

【娘の将来】は、
【国が補償してくれた】けど…

【国が《国家権力を使って》】
《娘をデビューさせた》と思われたら、

【逆に《娘さんが可哀相だ》】。

【娘さんは《自分たちが何もし無くても》】
【芸能界でもっと早くから活躍出来た筈】
だったのに。

…と言って、

【娘さんにも本当に申し訳無かった】
…と謝罪をしてくれた。

だから、

【娘さんを有名にはする事は約束する】
けど、

【娘さん自身の力と実力だ】
…と周りの人達に思って貰える様に、

【娘さんの試練を増やした】
…とも言われた。

【娘の試練もかなり過酷なモノ】
…と成った。

そして…

【娘がイジメに遭う事】や、
【最悪な学校に転校になる事】も、
【私は既に聞いていた】。

そして…

【学校も最悪】だけど、
【担任に成る先生も最悪だ】とか、

_| ̄|○★

よく、そんな人間を集めたな…

…と思うくらい、

【似た様な名前の子供たち】や、
【藤田さんに似た人】や、
【モンスターペアレント】や…

本当に居るのか❓

(@_@)⁉️

…と思うくらい【最悪な人材ばかり】が、
【娘の周りに用意されてた】から、

もう、笑うしか無い状態だった。

だけど【ソレ】だと、

【娘さんが《本当の人間嫌い》に成れば】
【可哀相】だから、

【高校だけ】は、
《良い友達》と《担任》にする。

…と言ってくれて、

【その時に知り合う友達たち】が、
【娘さんの本当の親友に成れる人達】が
集まってる。

…と言われ、

そして、

【専門に行った時に知り合う人達】が、
【娘さんの将来、欠かせない】
【優秀な人達が集まってる筈】だから、

だから、

【最後は《娘さん自身の力》で築きあげた】
【娘さん自身の人脈が出来てる筈だ】。

そして、

【その人たちも皆んな】、
【貴女の時と同じ様】に、

【娘さん自身】の《星の周り》に、
【集まって来た人達ば
かり】だから、

【皆んな色々な才能が有る人達ばかり】で、

《絵の才能が有る人も居れば》
《音楽業界で働く人達も居れば》、
《各業界で顔が効く人達も居れば》

とにかく、

【娘さん自身の星も《芸能の星》】を
【持って生まれてる】から、

【貴女の家族は1番最初】から、
【芸能界一家に成れる星を持った人達】
ばかりだった。

だけど、

【貴女程の星は持ってはい無い】から、

あとは【娘さん】が、
【貴女の後を引き継ぐ事】に
成ってたのかも知れ無い。

…と言われ、

えっ、❓( ? _ ? )⁉️

『【娘の周りの人達】って、
【あの人達が集めたと違うの】❓( ? _ ? )』

…と聞いたら、

【あの人達】から、

『我々は【何もして無い】。

確かに、
【シナリオを書く上で多少の操作はする】
けど、

だけど【娘さんが出会う人間】は、
【最初から決まってる】し、

【貴女の場合も同じだった】から、

だから【我々は《別の場所》】から、
【その人物を移動させて異動させたり】は
するけど。

【その人間に関係が無い別の場所】から、
【その人間を集めては来て無い】から、

だから、

【娘さんの試練も最初から娘さんのモノ】
…として有ったのを、

【更に《過酷な試練》にさせて貰う必要】が
出て来たから、

だから、

【貴女に確認を取っていた】』

…と言われ、

ええええ〜〜Σ( ̄。 ̄ノ)ノ⁉️

そうだったの⁉️Σ( ̄。 ̄ノ)ノ⁉️

『そんな話は私は《藤田さんから》は、
【一切、聞いて無かった】‼️o(`ω´ )o』

…とか言ったけど…

『だけど、自分たちは言った筈だったから、
【当然《貴女は知ってるモノだ》】と思い
【シナリオを作っていた】から、

だから、
【申し訳無いが訂正は効かない】から、

【申し訳無いけど《娘さん自身に任す》】
しか無さそうだ。

可哀相だけど仕方が無い。

そして、あとは、

【シナリオが延びた分】、

【ご主人の試練も増えた】から、
【最後は少し無理をさせ過ぎてしまった】
みたいで、

【体を壊して入院する事に成りそうだ】。

そして、ひょっとしたら、

【手術にも成るかも知れ無い】。

だけど、

【手術と言っても癌とかでは無かった】
から、
【逆に手術をした方が良い病気】なので、

【命に関わる手術や入院にはなら無い】
から、
【安心して大丈夫だ】』

…とかも言われていたけど…

その前には、

【知り合いのお寿司屋さんのマスターの死】や(コレは藤田さん達グループによる殺害)

【姉の旦那さんの父親が過去に亡くなった】
のも、
(藤田さんみたいなグループによる殺害)
…と判明していたり、

また、

【主人の父親の《肝臓ガン》による死】や【母親の《肺ガン》による死】や
【父親の体調の悪さや高血圧の話】や、

【姉の旦那さんの《胃の癌》の手術】や
【姉の《心臓に機械を入れる》手術】や、

【私自身の体調不調の話】や、
【娘の鼻の骨が体育の授業で折れる話】など

皆んな【ボロボロ状態の話】を
聞いてたから…

【主人が最後に手術に成る】と聞いて、
『何が安心なの⁉️』『何が大丈夫なの⁉️』

『コレの何処が心配無いなの⁉️』

(T ^ T)⁉️

…と、私は言っていた。

そして…

【その時に聞いてた話は実現されていた】。

また、

【コレも偶然】なのか⁉️

【あの人達】からは、

【主人】と【私の母親】が、

【同じ《星座》】で【同じ《干支》】だから

【2人とも《同じ》寅年生まれ】で、
【2人とも《同じ》魚座】だから、

【我々は《この2人が本当の親子だった》】
…と考えている。

…と言われてた。

そして…

【コレは《あの人達》ともまだ話して無い】
が、

【1月29日《月曜日》】《母親の告別式》
に、
【主人も手術】だった。

だから、

【主人は《母親の葬儀には参列》して無い】

そして…

【姉の旦那さんの母親】も、

たまたま【降った雪】で、
【滑って転んだ時に手術に成った】為、

【母親のお葬式には来れなかった】。

そして今回、

【母親の《四十九日》が有った時】に、

【姉の旦那さんの母親】に、
【お母さんとお父さんの誕生日と干支】を
聞いて来たら…

驚く【偶然が重なっていた】から、

だから、

【あの人達】は【誕生日と干支】に、

『普通は《こんなに綺麗には》分かれ無い】

普通は《何処かに偏りが出て来る》ものだ。

だから、我々は、

【誰と誰が《本当の夫婦》】で、
【誰と誰が《本当の親子》】で、
【誰と誰が《本当の兄弟兄妹》】で、
【誰と誰が《本当の家族》なのか⁉️】を

知りたいから調べてる。

…なんて事を言ってて、

【藤田さん】も、

『貴女も最後に、
本当の事を知ったら、驚くよ‼️』

♪───O(≧∇≦)O────♪‼️

…と、言っていたんだな。

…と、思った。

だけど…まぁ、

驚きはしたけど…

【驚いたと言うより】は、

【なんだ。そう言う事か】。

…と、言った感じだったから、

【あの人達】も《あの時点》で、
おそらく調べて知ってる筈だし、

だったら、

【教えてくれても良かったのに】。

…とは思った内容だった。

だけど、

【あの人達】が言ってた様に、

【普通は《コレは》奇跡と呼ぶ】
んだろうな。

…とは、思った。

だけど…

冷静に考えると、

【私にとっては《奇跡》なんだけど】、
【騒ぐ程の事では無かった】。

やっぱりな…。

…と言った感じだった。


お葬式 関連ツイート

鷹通「双海がクシャミで肋骨にヒビ入ったらしく、笑うと肋骨が痛むのとで『皆俺の事笑わせないように生きて』とか言い出したので教室の中がお葬式みたいな雰囲気なんだが『ぶっふぉっ!お葬式みたいな雰囲気うけるいたたたた』って悶えててもうどうしたらいいのかわからない」
「お葬式の案内とかくるよねえ、喪服出しとかなきゃ。猿っち喪服持ってる?」
「持っとらん。つうか行かんくていいやろ」
「そういうわけにはいかないよ、角が立つじゃん」
「お前一人で行けちゃ」
「えー猿っちも行こうよー」
って帰る
 2018/04/21 10:30 uqx0g
あんた今日、お葬式に行ける服装やな。って、褒められた💕
数珠も持ってるよ!!w https://t.co/qv0V01nRFM

コメントは受け付けていません。