お葬式でビシッとね!

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

これからのお葬式を、デザインする。

またまたご無沙汰しております 先週12月7日、 連絡を貰っておりました叔父が亡くなり 初七日が済むまで北海道に里帰りしておりました  父と同じく中卒で貨物船の乗組員になった叔父 船の操舵技術はピカイチで、 誰も敵わなかったと弟である父から聞きました 瀬戸内の四方八方渦巻く荒波と剣山みたいな岩礁の間を ハンドル操作のみで楽々越えていく様は、 それはそれはカッコよかったと…  またボクシングも好きだったようです 船の上というのは普通の人なら立っているだけでも体力を消耗します まして貨物やタンカーなどの作業船なら昔は地獄みたいなところです どんだけ体力余ってたのでしょうね(笑)  晩年は、 無口で不器用という典型的な田舎の男ながら、 孫達にはとことん甘いダメお爺ちゃんとして周囲からも愛されていました(笑)  お葬式会場も叔父を慕う人々で溢れ返っていました 幸せな最期だったと思います………  ────────  はてさて、 里帰りの直前に予定していた体重測定がまだでした(笑) もろもろ旅の後片付けをして一息つく暇もなくベランダ亀園へ直行…!  外の気温は6℃です さっむー(笑) 東京の寒さって、 北海道とは違って、こう… 逃げ出したくなるような底冷え感がありますよね(笑) 20年近くたってもまだ慣れません(笑)   亀プールの様子 もうすっかり油浮きも落ち着きました  嫌気性のバクテリアが落ち葉などを食べて硫化水素を出すみたいでして かき混ぜたらクサイですが(笑)  ブルーシートをめくるとメダカ達が様子を見にワラワラと出てきます うーん、 ちょっと痩せたかなぁ?  細かな白い点々はミジンコなどのプランクトンですが、 アナカリスの表面が綺麗なところを見ると ツリガネムシなどの群生タイプの発生がまだなようです  カメラが近づいてもじ~っとしているメダカ 彼らも冬は大人しく過ごしています やがて落ち葉の間にグリグリと潜り込んで行きました  水温は4.5~5℃といったところでしょうか 去年の今時期よりもやはり低めのようです  さて、 それでは王子達を泥の中から掘り出します(笑)  トップバッターはメメ王子 安心の脂肪の膨らみ方です  鼻だけ出してブシュー!といって怒っています(笑) そりゃそうだわ(笑) 宇宙人に誘拐されかかってるみたいな状態だもの今(笑)  体重は384g -3gかぁ、う~む…心配はいらないと思いますが… だいたいが遊び過ぎなんだよっつーの…! 寒いのにいつまでもはしゃいでるから体重が減っちゃうのだよ まったく…  お次はカカ王子 ちょっと見づらいかな?  この子はあまり脂肪を膨らまさないタイプのようです この性質のせいで去年はどれだけ肝を冷やしたことか…  でもヤキモキしたってしょうがないことなので、 異常が見られない限りはこの子に任せるしかありません…  目を開けています 二日酔いなのに早起きして出かけなくちゃいけない Renmamaと同じ目をしております(笑)  体重は403g 4gも増えてやがんの(笑) ミドリ藻の食い過ぎなんだよ! おかげでRenmamaのミドリモファームがスカスカになっちゃったじゃないか… 返せ!(笑)  こちらは亀プール新館の様子 油浮きもありません  水温は7.5℃ だいたい狙い通りです  ミモザが先に捕まりました 良い太り具合ですね~ ムチムチの太ももが暖かそうです(笑)  眠りも兄王子達より浅そうです まだ3~4歳ですからね こんな感じのなんちゃってプチ冬眠でひと冬過ごします  体重は205g 2g増です ミドリモ食ったなぁぁぁ~覚えとけょ…(笑)  マリモ 起きてます  なんだよ まだ遊びに行けそうな雰囲気だなや… 勘弁してくれよおい…  体重202g 2g減、ほれ見ろ~ いつまでもチョロチョロしてるから減っちゃったじゃないか… ま、問題ないからいいけどね…   ということで今回は 食いしん坊チームが体重増、 落ち着きのないチョロ松チームが体重減 という結果に相成りました(笑)  しかし全体的に見れば全く問題なし(笑) 順調な冬眠のスタートを迎えられたようです  気温は例年より低めの予想、 そして降雪の予想も出ておりますので、 温度管理は飼い主であるRenmamaの責任として、 しっかり遂行して参りたいと思います  はぁ~、 やっと落ち着いた…      


お葬式 関連ツイート

今からお葬式の準備しなきゃいけないんだけど
ストレスで凄いことになってる親友が頑張って授業に参加してて、帰るまでに倒れたり恐怖で泣いたりしないか心配だし
もえちゃんもすごい体調悪そうで倒れないか心配で中々準備が出来ない…
 2018/04/21 08:53 chocolapin_Rina
俺の服を見て親が一言
「お葬式なん?」
靴だけで踊る「踊り続ける赤い靴」。母想いの少女が、亡くなった母に買ってもらったそれを大事にしていたけども、お葬式なんかにも履いてしまって糾弾される…それでも靴を履き続け、やがて踊り続ける呪いにかかり、死ぬまで許されなかった…そんなお話よ。キリスト教的には良いお話しらしいの。

コメントは受け付けていません。