お葬式が失敗した本当の理由

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

お葬式 自然と健康を科学する

私は母のがん、叔母のがんを見ていて、がん予防にいわゆる、本屋さんにあるような「がんが消える食事」「酵素いっぱいの食事」「フィッシュベジタリアンの食事」「海藻、きのこ、豆、野菜、たまに肉」添加物、化学調味料、加工食品、市販の冷凍食品は食べない。世界のスーパーフードを取り入れた食事。便秘対策の食事を実践していました。自己流ではなく、何人かの代替医療の医師や栄誉学を学んだ方に直接、がん予防の食事を学んで、実践していました。
でも、乳がんが見つかりました。
食事療法が無駄だとは思いません。食事療法をやり出してから免疫力は上がり、風邪をひく事もなく病院とは無縁でした。食べたものが肉体となり血となります。
よく言っていた言葉「私ががんになったら、原因はストレスしか考えられないから!」と。
自分では認識していないストレス!知らぬ間に蓄積されてるストレス!
がんとわかってから、まず、息子が夫に言ったんですよね。「嫁の仕事は休んでいいよね?」と。子供でもわかるぐらい、婚家でのいろいろは、わかるストレスでもあり、蓄積されてるストレスでもあったんですね。
今年のお正月はお客さんに近い状態で終わる事が出来ましたが、このお彼岸中に 義父が亡くなりました。急死でしたが、90に近い年でしたから、大往生です。でも、義母は「もう少し長生きさせたかった!」と言ってました。
90近い人の延命より、50の私の延命の方が私も、子供にとっても大事。
婚家の親戚の叔母からわざわざ、「桜子さん!良い話、悪い話、全部筒抜けだからね!」
こんな事を言われるぐらいなので、義父や義母だけではなく、婚家の親戚に会うだけでストレス大!
友達や仕事でのお付き合いでストレスのかかる人は会わなければ問題なく平和な心で過ごせますが、関係を切れない親戚の場合でも「しばらくは会わない!」をこれからは選択しても良いのでは?
と思いました。
抗がん剤の副作用はとっても軽かったのに危篤、お通夜、お葬式と往復300キロ以上離れてる田舎に日帰り3日間は疲れが取れません。予想以上に身体へのダメージ。婚家=ストレスを意識しているから、尚更です。
術前まで楽しい事しないと!
そうそう!ご親切な方がコメントくださいました。術後は病院食と身体のダメージで痩せるからわざわざ、術前にダイエットしない方がいい!と。確かに!です。ダイエットではなく、脂肪を筋力に!です。
今はあまりわざわざ言う医師は少ないみたいですが、「術前リハビリ」が大事と今も言ってる医師によると術後は下半身の筋力が特に低下するから下半身の筋力強化と腹式呼吸をしっかりやった方がいい!と。そして、内臓関係はやはり、腸!免疫力アップで術後の回復が違うらしいです。


お葬式 関連ツイート

お葬式とかしないで二万円ぐらいで遺体処分するコースとか無いの
お葬式とかでまたサボってしまってたから今日はジム行かんとな
香水ぶっかけて出かけてくるか〜☀😚
明日はお葬式のようなイベントが()

コメントは受け付けていません。