お葬式が何故ヤバいのか

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

お葬式に期待してる奴はアホ

僕がNTTから書道家として、独立して2年くらいの時に初めての個展を自分のアトリエで開きました。
作品の飾り方も、演出も何もかもわからない時に、個展の数ヶ月前に知り合ったデザイナーのAYAさんが、徹夜で個展の準備をしてくれました。
AYAさんは30代のとても心豊かな優しい女性でした。ふわぁーっとした包み込むようなオーラを持っていて、空間デザインやアイデアに関しても才能が溢れています。人間としてクリエーターとして尊敬すべき人でした。
個展は無事終わりました。たくさんの人が喜んでくれました。パーティ時にAYAさんのことをみんなの前で紹介しても恥ずかしそうにして出てこないシャイな人でした。その時はお金も全くなくて、ボランティアでやってくれました。
「絶対次の個展もAYAさんと一緒にやりたい!今度はちゃんとギャランティ払うから!」
と言うと、「ぜひ(^^) 」と微笑んでくれました。
そして、半年くらいたって、次の個展について相談したいと思っていた時に、突然、AYAさんの両親からお手紙が郵便ポストに入っていました。

不慮の事故で亡くなっていたのです。

意味がわからないまま、頭の整理がつかないままお葬式に行きました。ご両親が、僕がAYAさんに送ったお礼の色紙のことを泣きながら語ってくれました。
長い行列に並び、いよいよ僕が棺おけの中を見る番になりました。
・・・
棺おけの中のAYAさんはまるで生きているようでした。ぜんぜん死の実感がわきません。それは今でも。
個展はちょうど桜が満開の時期でした。そしてAYAさんも桜が散るようにいなくなりました。しかし桜のように再度咲くような気がしてなりません。いやどこかで咲いているのでしょう。
それからというもの、私は、一緒にお仕事をする人、出逢った人の見方が変わりました。
「いつか会える」という考えを捨て、「これが最後」だと思って一生懸命接するようになりました。すると色んなことがうまくいくようになりました。
それから何度か個展をやることができたのですが、AYAさんと創った個展がベースになっています。ありがとーAYAさん!
今度はゴールデンウィークに個展をやります。http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/event/gardening/events.html


お葬式 関連ツイート

@Japangard @Dressstyna 辻元のお葬式の様。
@miyato10 人生のエンディングって言ったらお葬式かなって
RT @anonymous201504: 【野党審議拒否】野党の女性議員達がセクハラ抗議の意味を込めて黒服を全員が着用~ネットの反応「ハリウッドの真似か…キモっ」「テレ朝にも黒服で抗議しにいけ!」「自分達のお葬式用の喪服ですか?」 https://t.co/y1i2mWM3uR
 2018/04/21 10:24 lhistoire751

コメントは受け付けていません。