お葬式がダメな理由10

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

お葬式だけが、「世界」でしょうか?世界を読む。

入院までの数日間 ① の続きです(〃..)) ペコッ

11日のお昼、母に病院から電話があり、検査結果が出たとの事で13日のお昼からの入院が確定。

いざ、入院が決まると私が居ない間、犬猫達は大丈夫かなと心配で、いつ退院できるかわからない、又はもう会えないかもしれないといった不安が押し寄せ

どうしよう。どうしよう。状態でした

犬猫の事は家族が見てくれるのはわかってましたが私にしか懐いて居ないニャンコが数匹。。。

この時、どんな治療をして行くかとかはまだ知らされていなかったので私はテレビで見ていたような吐き気や脱毛等を伴う辛い治療を想像してました

不安が大き過ぎて、入院準備がはかどらない(笑)

その日の夜、母は数年前に再婚したのですが再婚相手である、介護施設で暮らしていた義父のお母さんが亡くなったとの連絡が入ってきました。

私も数回会った事があって、介護をしてたので母に頼まれて、転院や通院の介助をしました。その時には既に認知が始まっていたので、気まずい空気は無く楽しく会話したのを覚えてます

12日にお通夜、13日にお葬式が行われる事になり私は13日から入院なのでお通夜のみの参加。

そして、我が家の飼猫アズキは自力排泄ができず毎日私が圧迫排泄をしていましたがその私が入院となると、他にアズキの圧迫排泄できる家族が居ないので、家族に任せる事ができず

肺癌告知を受けたその日から私の入院中にアズキを無期限で預かってくださる方を探していました。

沢山の方に拡散の協力をしていただきすぐに預かって下さる方が見つかりました

12日の夜にアズキを預かってくださる方の元へ連れて行く事になっていたのでもう自宅に帰れないかもしれない。。。と思い込んでいた私は、アズキと過ごす最後の夜だと(苦笑)

アズキを抱きしめながら大泣き何度もごめんね。と謝りました。

私は基本、冷めた性格で相当サバサバ(笑)

思った事や間違ってると思った事はハッキリ相手に言うし、仕事でも上司と衝突する事が多々あって、先輩にまで説教食らわす始末。。。

ある意味要注意人物やったかもです(笑)

泣いたりする事なんか全くありませんでしたが告知を受けてからは毎日の様に何かしら泣いてた

次へ続きます


お葬式 関連ツイート

あとお葬式の時に乾物が添えられてるのなんでだろうって口走ったら、「あれはね~~~~???」
って含みのある返答をいただいたので「あぁ~~~~京都人~~~~!!!!!!!!!」ってなってました
あ~あ、叔母も、俺創作の生贄的な女性霊的な物にしようかなって思ってる、なんかお葬式に行けそうな距離だったし、生前、覚えてるし、
RT @anonymous201504: 【野党審議拒否】野党の女性議員達がセクハラ抗議の意味を込めて黒服を全員が着用~ネットの反応「ハリウッドの真似か…キモっ」「テレ朝にも黒服で抗議しにいけ!」「自分達のお葬式用の喪服ですか?」 https://t.co/y1i2mWM3uR
 2018/04/21 10:07 ribura104

コメントは受け付けていません。