あらゆるお葬式が揃っています

閉じる
このページを見ている人が購入している商品

お葬式 ドリンク・メッセージ

 家族みんなで休日を過ごすようになると、 父は母の様子を観察し始めました。  長い間、父は私へこんな文句をもらしたものです:  父「いつになったら母さんは 仕事に就くつもりなんだ?」  ドゥーガル「父さん、僕には分からないよ。 母さんに聞いて。」  父「なぜ彼女は美容室の電話応対の 仕事もできないんだ?  それならスクーターに 乗ったままでいられるから、 どこにも歩いていく必要がないだろう?」  ドゥーガル「父さん、 母さんは働けないよ。」  こんな風にときどき、 彼らの中からは古い恨みの気持ちが湧き上がってくるようでしたが 私は常にただ素知らぬ顔を貫いて、 父の味方につくことはしませんでした。  あれこれ説明する責任も私にはないと思っていました。  私は両親のどちらの立場も理解することができたので、 どちらか1人を選ぶことはしないようにしていたのです。  この前のクリスマス、 家族みんなで休暇のときを過ごしていると 父は唐突に私へこんなことを言ってきました。 父「お前の母さんのために、  ダラスにある介護施設を いくつかリサーチして欲しいんだ。」  ドゥーガル「でも父さん、 母さんには施設に入る お金の余裕なんてないよ」  父「まず最初に、 ただ事実を把握しよう」  姉と私は、ダラスの様々な施設に電話をかけ、 母の状態や求めているニーズを説明しました。  そうして私たちは 姉の家から6マイルほどのところの素敵な施設を見つけました。  そこは、いまより適切な環境で 独立した住居スペースを提供してくれる施設でした。  父は、このアイディアを母へ提案しました。  もし母が彼女自身のニーズをより満たす環境へ移ることに同意するなら、 父は引き続き 母への慰謝料を払うことにも同意すると伝えたのです。  それは、この機会を逃したらまたとはないような提案でした。  私たちは、母の恐れの気持ちを最大限に尊重しながら 辛抱強く、彼女からの返答を待ち続けました。  彼女は独立している感覚、自立した生活を断念することをためらい、  今より小さな(しかしより素敵な)アパートメント施設へ引っ越すことを恐れていました。  でもついに、母は同意したのです。  その決意への支持を表明するために 私たちは皆ダラスへ飛び、家族として彼女の引越しを手伝いました。  パートナーのディビッドとともにダラスに降り立った瞬間、 私は感極まってしまいました。 なぜだかまったく、よく分からないのですが。   私たちは丸3日かけて 家具を売り払い、荷物をパッキングし、母を移動させ、 そうして新しいスペースに家具を再度設置しました。  小さなアパートでは あらゆる物が2重の役割を持っている必要があることを知っていた父は、 まったくの親切心と寛大さから いくつか新しい家具を買おうと申し出ました。  土曜日の午後、ほんの短いあいだだけれど 新しい空間に姉と、両親と、私がいて ただ静かに作業へ取り組んでいる。  そんな瞬間がありました。  周囲を見回した私は、 グッと温かい気持ちがこみ上げてくるのを感じました。  家族みんなが最後に 何かに対して同じ意識でいられたのは いつのことだったか。 私には思い出せませんでした。  しかしほぼ20年が経った今、 私たちの1人が助けを必要としていたために 私たちは家族として、 1つのことへ共に取り組むところまで辿りついたのです。   離婚した家族の一員であることから、 私はいつも、両親の結婚は宇宙のちょっとした手違いだったとばかりに思っていました。  彼らは2人の子供を持つという 何かスピリチュアル的な契約をしてきてしまったに違いなく 決して本当に愛し合っていたわけではないのだと。  だからこれは私にとって 両親が互いを深くケアしあっている姿を思い描ける 初めての瞬間となりました。  20年かかったけれども、 私は以前にもまして“家族”であることを強く感じています。  私たちは「伝統的な」家族ではないけれど、 大事なときには、団結してきました。  姪と甥が生まれるときにはみんなで集まりました。   結婚式や、お葬式のときにも集まりました。 そしていま、母が私たちに助けを求めたときには 彼女の「移行」を手助けするために集ったのです。   私たち家族の定義はなんておもしろいのでしょう。  子供の頃のイメージで表現するなら 「1人の男と1人の女と 2人の子供が 同じ家に住んでいる」でした。  成長するに連れて、 私は多様な家族に囲まれるようになりました。 私は今、 ユニークでチャーミングな私自身の新しい家族に敬意を払う気持ちを持っています。   私の両親は、別々の州のアパートに住んでいます。  姉は、彼女の旦那さんと子どもたちとダラスに住んでいます。  でも私は自分のハートの深い部分で分かっているのです。  私たちの誰かが助けを必要としたときには 私たちは再び1つになって お互いを助け合い、愛を与え合うのだと。   “家族”として。    


お葬式 関連ツイート

RT @anonymous201504: 【野党審議拒否】野党の女性議員達がセクハラ抗議の意味を込めて黒服を全員が着用~ネットの反応「ハリウッドの真似か…キモっ」「テレ朝にも黒服で抗議しにいけ!」「自分達のお葬式用の喪服ですか?」 https://t.co/y1i2mWM3uR
 2018/04/21 09:59 a2lackijfn3l
RT @akkyi22: @minajyounouchi なんかお葬式っぽい!
野党の落選の正装だよな(笑)
RT @anonymous201504: 【野党審議拒否】野党の女性議員達がセクハラ抗議の意味を込めて黒服を全員が着用~ネットの反応「ハリウッドの真似か…キモっ」「テレ朝にも黒服で抗議しにいけ!」「自分達のお葬式用の喪服ですか?」 https://t.co/y1i2mWM3uR
 2018/04/21 09:59 a2lackijfn3l

コメントは受け付けていません。