笠井和彦の肺カルチノイドの症状と原因、転移で死去!?

プロ野球の福岡ソフトバンクホークスの球団社長兼オーナー代行の笠井和彦さんが
2013年10月21日に亡くなられました。

原因は、肺カルチノイドです。

この肺カルチノイドとはいったいどのような症状の病気なのでしょうか。

福袋 2015 人気ランキング福袋

まず、カルチノイドとはがんのようなもので悪性腫瘍の一つです。
つまり、カルチノイドはがんと同様の症状なのです。

がんと同じようにさまざまな臓器で発生します。
それが笠井和彦さんの場合は、肺に発生したので、肺カルチノイドと呼ばれるのです。

そして、カルチノイドは、がんと同様に他の臓器に転移します。

カルチノイド自体は悪性が低いと言われていますが、がんと同じように程度も人や
腫瘍によって異なり、進行が速い場合と遅い場合があります。

肺カルチノイドの発症率は10万人に1人と呼ばれる程に珍しい病気です。

原因は、がんと同様まだ確定はできていません。

ウイルスや雑菌、タバコなど様々なことが原因となって病気の芽ができます。

しかし、自然治癒力と免疫によって普通ならば、消滅させられるものなのですが、
自然治癒力が低下していたり、免疫力が落ちていたりすると、病気の芽を摘むことが
できずに病気として進行させてしまいます。

これはヘビースモーカーの人が肺がんになる人とならない人がいるのと同じことなのです。

笠井和彦 肺カルチノイド 症状

笠井和彦さんは、2000年にソフトバンク取締役に就任し、2004年にソフトバンクがホークス球団を買収するとき 尽力したそうです。

無事に球団の買収に成功したと同時に、球団社長兼オーナーに就任し、 オーナーである孫正義さんの意向を踏まえながら、 球団運営を行っていました。

その笠井和彦さんが、肺カルチノイドという病でなくなりました。
カルチノイドとはがんと同様な悪性腫瘍の一つで、その症状はがんと同じです。

笠井和彦さんは、享年76です。ご冥福をお祈りします。