村田諒太の嫁 ぶりっ子ってホント!?

ロンドン五輪のボクシングのミドル級金メダリスト、村田諒太さんがプロに転向して
そのデビュー戦に見事TKOで勝ちを収めましたが、
その村田諒太さんの嫁がぶりっ子などとネット上で揶揄されています。

そんな村田諒太さんは、プロデビュー戦で東洋太平洋ミドル級王者の柴田昭雄さんと
ノンタイトル戦での6回戦を戦ったのです。

その試合で村田諒太さんは、1回から積極的に前に出て、残り1分過ぎとなったところで、
村田諒太選手の右ストレートが柴田選手の顎を捉え、ダウンを奪います。

柴田選手は、ここは何とか立ちあ上がり、1回が終了します。

しかし、明らかにダメージがあったのは確かで、2回を迎えると、村田諒太選手の一方的
な攻めの展開となり、レフェリーストップで村田諒太選手が勝ったのです。

この試合は、見ごたえがあり、さすが、金メダリストと思わせる試合でした。

村田諒太 嫁 ぶりっこ

そんなイケメンの村田諒太選手の嫁が、村田諒太選手がロンドン五輪で金メダルを勝ち取った時に、テレビに出過ぎと話題になっています。

その時のしぐさが31歳という年齢ではいかにもぶりっ子というものだったようで、その時の写真がネットで広まっています。

村田諒太さんの嫁は、圭子さんと言って京大出身のようです。

村田諒太選手とはかつて勤めていた元同僚の紹介で知り合い、数年お付き合いした後に結婚したということです。

そして、村田諒太選手のエピソードとして有名なのが、冷蔵庫の張り紙です。

そこには、「オリンピックで金メダルをとりました。ありがとうございます」と書かれて
いますが、これは、村田諒太選手が金メダルを取る何年も前に書かれたものなのだそうです。

冷蔵庫を開ける度にこの張り紙を見て頭に焼き付けていたということです。

そんな村田諒太さんの嫁さんはぶりっ子らしいのですが、
それは、お二人が幸せならば、外野がとやかく言うことではありませんね。

コメントは受け付けていません。