映画「ローンレンジャー」のあらすじと感想をネタバレ!

映画「ローンレンジャー」のあらすじと感想をネタバレでご紹介します。

8月2日公開の映画「ローンレンジャー」は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」で
おなじみのゴア・ヴァービンスキー監督による作品です。

ローンレンジャー あらすじ ネタバレ

キャストは、

・トント:ジョニー・デップ
・ローン・レンジャー:アーミー・ハマー
・レッド・ハリトン:ヘレナ・ボナム=カーター
・レイサム・コール:トム・ウィルキンソン
・レベッカ・リード:ルース・ウィルソン

などで、ジョニー・デップ×ゴア監督という最強コンビの映画なのです。

この映画のあらすじは、以下の通りですが、ネタバレ注意です。

幼いころに遭遇した哀しい事件に復讐をもくろむ悪霊ハンターのトントは、
そのスピリチュアルな力で死の一歩手前の男、ジョンを救います。

正義感の強いジョンは、目的のためなら手段を選ばないトントと衝突しますが、
愛する者を奪われ豹変します。

そして、マスクをつけて「ローンレンジャー」と名乗り、トントとともに巨悪に挑む
というのが、あらすじです。

「ローンレンジャー」を観た感想は、ジョニー・デップの白塗りに始めは戸惑いつつも、
そんな事は、直ぐに何処かへ飛んでしまって、「カリビアン・オブ・パイレーツ」での
ジャック・スパロウにも負けず劣らずに、コミカルながらも絶妙な演技でぐいぐいと
引き込まれる映画でした。

ラストの列車上でのアクションシーンは大迫力ものです。
列車と列車の間を飛び移り、敵と味方が入り乱れてのアクションは観ていて
楽しいことこの上ありませんでした。

「ローンレンジャー」の吹き替えのキャストは、以下の通りです。

・アーミー・ハマー:相原嵩明
・ジョニー・デップ:平田広明
・トム・ウィルキンソン:小川真司
・ルース・ウィルソン:高橋理恵子

などです。

以上がローンレンジャーのあらすじ、ネタバレでした。