映画「グラディエーター」あらすじをネタバレ!感想は・・・

映画「グラディエーター」のあらすじです。

時は、西暦180年。

五賢帝の一人、マルクス・アウレリウス(リチャード・ハリス)は、帝国拡張の総仕上げ
としてゲルマニアの地にいました。

歴戦の勇士として名声をほしいままにする将軍、マキシマス(ラッセル・クロー)は、
遠征先のゲルマニアの地で次期皇帝の座を託したいとの要請を受けます。

しかし、マキシマスは、この申し出を辞退し、戦いの恩賞として、故郷の一次帰国を
申し出たのでした。

しかし、皇帝の息子、コモドゥス(ホアキン・フェニックス)は、父によりこの意向を
聞くと父がこれを議員の前で宣言する前に弑して自ら後継者を宣言、
マキシマスは処刑を命じられます。

姉のルッシラはこの事実を察しますが、保身のために弟、コモドゥスへの忠誠を誓います。

グラディエーター 映画 あらすじ ネタバレ

処刑者の手を逃れたマキシマスでしたが、故郷に帰り付くと、妻子は惨殺されていました。

絶望と極度の疲労のために倒れたマキシマスは、気が付くと奴隷商人に囚われの身と
なっていたのでした。

剣闘士(グラディエーター)を養成すると奴隷商人プロキシモ(オリヴァー・リード)に
買われたマキシマスでしたが、始め剣闘士になる事を頑なに拒みます。

生きるために戦いに臨むように諭されたマキシマスは、やがて、地方のコロシアムで
イスパーニャの名で剣闘試合を行うようになっていたのでした。

一方、皇帝となったコモドゥスは、元老院の反対を無視し、首都ローマの巨大コロシアム
で剣闘試合を開催します。

噂を聞きつけたプロキシモは一旗揚げようと剣闘士を引き連れてローマに乗り込んだのでした。

ローマで行われていた試合は、第二次ポエニ戦争のザマの戦いを模したもので、
ハンニバル率いるカルタゴ軍を演じるプロキシモの剣闘士たちは、

スキピオ・アフリカヌス軍団を演じるチャリオットに載った女性剣闘士たちに
射られ全滅するのでした。

しかし、マキシマスは、剣闘士たちを即座にまとめ上げて、密集隊形で攻撃を受け止め、
相手を混乱させて反撃したのでした。

以上が、映画「グラディエーター」のあらすじです。

そして、感想ですが、ローマやギリシャを舞台にした大作が好きな人にはたまらない作品です。

そうでない人も、メリハリの効いたストーリー展開にワクワクドキドキ、そしてハラハラしながら
見入ってしまう筈です。

それだけ、この「グラディエーター」は、超大作と呼ぶにふさわし作品なのです。

映画「グラディエーター」の出演者、俳優は、上記以外にコニー・ニールリセン、
ジャイモン・フンスー、ハンス・ジマー、リドリー・スコットなどです。

以上、映画「グラディエーター」のあらすじと感想のネタバレでした。

コメントは受け付けていません。