メラノーマ(悪性黒色腫)の末期症状は?

お笑いコンビ、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんのボクシング専属コーチ
を務めていた梅津正彦さんが、メラノーマ(悪性黒色腫)により亡くなりました。

享年44とまだ若過ぎる死です。

そのメラノーマの末期症状とは、どんなものなのでしょうか。

メラノーマは、皮膚がんの一種です。

メラノーマの末期症状は、体全体にがん細胞が転移します。
リンパ節、肝臓、脳や肺などです。

そして、体重は減少するのは、他のがんと同じです。

メラノーマの初期症状は、ほくろやいぼと区別ができません。
ただ、発生する場所は手のひらや足の裏、爪の裏、口の中などに発生する事が多いようです。

メラノーマ 末期 症状

メラノーマの症状として、色むらがある、痛い、かゆい、出血がある、にじんでいる、
境界線が解からないなどが初期症状としてあります。

しずちゃんの専属コーチだった梅津正彦さんは、2011年11月に病気が見つかり、
2012年1月27日には、場所は太ももに腫瘍ができて、
それが、腫瘍が悪性であるとの宣告を受け、1週間後、メラノーマである事が判明します。

しかし、梅津正彦さんは、がんであることを告白し、しずちゃんとオリンピックを二人三脚で
目指します。

しかし、7月23日しずちゃんに見送られてお亡くなりになりました。

梅津正彦さんは、自らのボクシング経験をいかして、映画「Kids Return キッズ・リターン」や
「アウトレイジ」などの北野武監督作品でボクシング指導を務めるなど、
ボクシング・コーチ、アクションディレクターとして活躍していました。

映画「あしたのジョー」では、矢吹丈役の山下智久さんと力石徹役の伊勢谷友介さんに徹底的に
ボクシングをたたき込み、二人の完璧な肉体改造をサポートしたことでも知られています。

梅津正彦さんは、メラノーマの末期症状で意識がもうろうとする中、しずちゃんに笑顔で
「遅いよお」と話したと言います。

梅津正彦さんの若すぎる死にお悔やみ申し上げます。

熱中症予防のための飲み物レシピ

今年は例年になく猛暑であちこちで熱中症で倒れる人が続出しています。

熱中症にならないために、
しっかりと対策をとってこの夏を乗り切りたいところですね!

それで、熱中症予防のための飲み物のレシピをご紹介したいと思います。

カンタンにできる熱中症対策のドリンクとして、
水1.5Lに対し、砂糖大さじ4、塩小さじ2/3、を入れてよく混ぜます。
それにお好みの分量のレモン汁を足して混ぜるだけ。

とっても簡単でありながら、汗によって排出される必要な塩分と水分を吸収できる
お手軽ドリンクです。ぜひ、お試しください。

熱中症予防対策の飲み物として、麦茶と一緒に少量の塩分を摂るのもおススメです。

甘いジュースなどは逆に体を乾かしてしまうので、麦茶を飲む方が水分補給としては
おススメできます。

他にも、熱中症予防の食べ物としてはカツ丼や牛丼などのスタミナ丼がおススメです。

食欲がない方には、ちょっと重たいレシピではありますが、
熱中症予防にはタンパク質や炭水化物といったものを十分にとるのがいいんですよ。

そういう理由からは、おそうめんに冷や奴というメニューでも
熱中症予防に効果的といえます。

最近では、熱中症予防のレシピもたくさんサイトで検索できますので、
ぜひ検索して料理のレパートリーを増やしておくのはいい方法です。

そうすれば、飽きることなく熱中症予防のための食べ物を食べることができるからです。

今回ご紹介した、熱中症予防の飲み物のレシピは誰にでも簡単に作れるものですから、
ぜひ毎日作って手軽に熱中症対策をしてくださいね。

手足口病にかかったらお風呂は感染防止に入らないべき?

手足口病はウィルスで感染する病気です。

そのため、手足口病にかかっている子どもがいる時は手洗い・うがいに気を付けて
うつらないように気を付けることが必要になってきます。

では、手足口病の子どもが入浴した後のお風呂に入ることで感染してしまう
危険があるため、入浴は控えた方がいいのでしょうか?

もし手足口病に感染した子どもに熱がないという場合は、入浴やシャワーを
控える必要はありません。

体を清潔に保つことは大切ですので、浴槽につからないとしてもシャワーなどで
体を流してあげることはしてあげてください。

手足口病 お風呂 感染

手足口病の症状としては、手や足、口を中心として発疹ができるものです。

手や足にできた発疹はかゆみを伴いますが、口の中にできると痛みがあります。
それで、刺激の強い食べ物は避けることが必要です。

手足口病は、ウィルスに対して免疫のない子どもが感染しやすい病気ではありますが、
大人でも感染することがあります。

原因としては、手足口病ウィルスにも種類がたくさんあるので、
そのウィルスの免疫を持っていないという場合はかかることになります。

また、体調がすぐれない時もかかりやすい状態にありますので注意が必要です。

大人が手足口病にかかった場合は何科を受診すればいいのでしょうか?

内科に行けば手足口病に効果的な薬を処方されますので、内科を受診すると良いでしょう。
また、皮膚がかゆくて我慢できないという場合は皮膚科でもよいでしょう。
しかし、皮膚科では主に塗り薬が処方されることになります。

いずれにしても手足口病にかかったら、お風呂などの入浴をすることは構いませんが、
感染しないようシャワーなどにすると良いでしょう。