キャプテンハーロックの映画復活!声優は30年ぶりの井上真樹夫!

あのアニメ界において知らないものはいないくらいの
松本零士原作の漫画にでてくるキャプテンハーロック。

松本零士のSFアニメは70~80年代の初頭に
一大ブームを起こして今でも人気の高さを誇っているそう。

そしてキャプテンハーロックは
松本の漫画の世界に置いてはあの、メーテルと
双璧といわれるくらい重要なキャラクター。

フィギアもマニアの間では大人気ですよね。

そんな伝説とも言える作品が
驚異的なスケールと迫力のある映像でよみがえったそうです。

kyaputenharrok

といってもリメイクというより
リブート(再誕)ともいえちゃうくらいの
世界を再構築しているそうで

総制作費は東映のアニメーション史上最高額
3000万ドル、いわゆる24億円!

これは内容はすごそう。。。

脚本を「亡国のイージス」などの
たくさんの実写大ヒットアクション大作をてがける
小説家の福井晴敏!

さらに声優は
あの、ルパンの石川五ェ門の声を演じる
井上真樹夫!

ちなみに井上は
他、巨人の星の花形満など
冷静沈着の優秀美男子をよく演じていて

更に今回はキャプテンハーロックとして主人公を演じていますが
いつもはライバル役が多いとのこと。

洋画の吹き替えにおいては
戦争映画、西部劇などで活躍しているそう。

ちょっとクールな声の持ち主だからでしょうね!

そして井上はハーロックを演じるにあたり、
原作のファンの固定したイメージがあるのに対し
その期待を裏切らないかと不安だったそう。

男の悲哀、強さを台詞、場面表現しなければいけなくて
声や口調も今までとは違い、勝手に叫ばず
抑えて演じたそうです。。。

あと、全話出演は果たしておらず、
2回病気で休んでしまっているのが心残りだと
語っていたみたいです。

あの役を演じるのも難しそうですよね。

ちなみにキャプテンハーロックの主題歌もあの大物アニメ歌手の
水木一郎が歌っているんですよ。

第二のローラ、水沢アリーの二重が変な噂の真相?!

第二のローラと称されている水沢アリーですが

ネットでアップされている動画を見てみると
本当にしゃべり方、声、雰囲気がローラそっくり!!

姉妹なんじゃないかといわれるくらいのクオリティ!

やらせじゃないかとも言われていますが
どうやら素のキャラクターだそうで

水沢アリーの通っている
歯医者の受付の女性が証言しているそうで
その歯医者でもローラとそっくりで変わっていると
有名だったそう。

mizusawaari

最近は親知らずを抜くのに
怖くなって逃げ出したそうですよ!

ただ本名はローラと一緒で
だされていないそうなんですが

曽祖父がドイツ人ということで
両親は日本人だそうなので

本名は日本名なはずなので
芸名はローラを意識してつけられたのかもしれません。

ローラも水沢アリーも
同い年の東京出身、O型、とプロフィールも
割と似ています。

ちなみに水沢アリーはもともと裕福だったそうなのですが
貧乏になってしまい、どこの大学かはわれていませんが
大学も中退せざるをえなくなり、

お金がないから芸能界に入ることにした、との
異例のデビューきっかけ!

ハーフのタレントがブームになっているので
そんなに簡単に芸能界に入れたんでしょうか。。

二重が変だといわれている画像もみましたが
まだ卒アルなど過去情報がわれてきていないので
真相はわかりませんが

今はメイクの技術もすごいので
整形かメイクかは
判断しずらいようですよ。

そんな水沢アリーですが
まだデビューしたてなようなので
今後がどうなるのかが楽しみですね。

藤圭子の旭川育ちの壮絶な歴史とは・・・

宇多田ヒカルの母と言えば、藤圭子。

女のブルース、
桂子の夢は夜ひらくをはじめ
別れの旅なんかは有名ですよね。

そして実はあの有名な番場の忠太郎、カスバの女なども
歌っていたそうですね。

藤圭子は
岩手県で生まれて、旭川で育ったそうです。

じつはもともと裕福な家庭ではなかったそうで
成績優秀で勉強好きで賢かったのですが

高校進学を断念し、そんなとき
札幌の雪祭りでたまたまステージで歌った姿が

レコード会社の関係者の目に止まって上京し、
歌手デビューが決まったそうです。

fujikeiko

もともとハスキーボイスでドスのきいた声で
それで衝撃を与えたのですが

のどのポリープ手術によって
ハスキーボイスからやさしい声に変わってしまったそうです。

そして、その後歌手の前川清と結婚しますが、
わずか一年ほどで離婚。。。

それから引退と復活を繰り返すうちに
人気も衰退し、今に至っているそうです。

すごく波瀾万丈で壮絶な人生を歩んできたようですね。。。汗

特に旭川にいた時代は本当苦労したそうで、すむ所も無くて
川の下で寝泊まりしていたとの噂もありました!

でもとってもきれいな顔立ちをしていて
昔の写真をみていても品のある雰囲気がでています。

ファンの人がひらいたサイトに
藤圭子資料館というのがあるので見てみましたが
彼女の歴史がずらっと並べてありました。

本当に一世を風靡した歌手だったのが
よくわかりますね。

娘の宇多田ヒカルがあれだけの歌唱力で
でてきたのが納得でした★

ただ、母親は苦労人、娘は苦労知らずだとの意見も
ちょろちょろありましたね!