2013年は千畳敷カールのコバイケイソウが見事開花!

今年、2013年は中央アルプスの千畳敷カールで見事コバイケイソウが
開花したそうです!

コバイケイソウは、ユリ科のシュロウ属の多年生の植物です。

北海道、中部地方以北に分布し、比較的湿気の多いとことに生えます。
高さは1mほどにもなり、6月から8月にかけて白い花を開花します。

群生することが多く、初夏の山を代表する花の1つとなっていますが、
毎年開花する花ではありません。
群生する一方で、全く花が見られないということもあります。

そんなコバイケイソウが、今年は千畳敷カールで見事に花を咲かせたというのですから、
今年を外さないわけにはいきません。

2013 千畳敷 コバイケイソウ

浄土平のコバイケイソウも見事に大群落を成し、あたり一面に白い花畑を
見ることができます。

こちらは、今、満開といったところでしょうか。

真っ白な花のじゅうたんを敷き詰めたような見事な光景に思わず声を上げてしまう
ことは間違いありません。

このコバイケイソウの大群落を観れるのは、2005年以来の8年ぶりなのだそうです。

高山植物の中でも人気の高いコバイケイソウですが、毎年見ることはできないという
その希少価値から、今年は多くの人の注目を集めそうです。

この機会を外せば、今後数年以上はこのような見事なコバイケイソウの大群落は
見られないでしょう。

さて、コバイケイソウが見られる今年2013年。

観賞にどちらまでお出かけされますか?
満開の浄土平?開花間もない千畳敷カール?

特に千畳敷カールは、その景色の素晴らしさから多くの人が訪れることが予想されます。
ぜひ、準備万端で2013年の千畳敷カールのコバイケイソウをお楽しみくださいね。