危険運転 夢・遊び・感動

閉じる
このページを見ている人が購入している商品
送料無料 ドライブレコーダー 小型 3インチ フルHD ワイド液晶 動画 静止画 12V 24V 録音機能 上書式 連続録画 動体検知 Gセンサー シガーアダプター microSD 危険運転 アオリ運転 急停止
ドライブレコーダー 【ステッカー】 録画中 ステッカー 後方 煽り 危険運転 対策 シール ◎
ドライブレコーダー ダミー 搭載 妨害運転 煽り 危険運転 対策ステッカー A-9 【録画中 記録中 drive recorder rec シール デカール】
ドライブレコーダー 録画中 ステッカー 後方 煽り 妨害運転 危険運転 対策 ドラレコ シール QUATTROeye
送料無料 ドライブレコーダー 2カメラ ツインレンズ ツインカメラ デュアルレンズ フルHD 前後 車内 同時録画 動画 静止画 12V 24V 録音機能 上書式 連続録画 動体検知 Gセンサー microSD 危険運転 アオリ運転 急停止 【あす楽対応】
ドライブレコーダー作動中&後方録画中ステッカー 反射機能付き 2枚セット!危険運転者対策&嫌がらせ運転者対策に!
楽天ウェブサービスセンター

秋だ!一番!危険運転祭り

危険運転致傷等事件被疑者の送致[西堺警察署] 1月11日、男を危険運転致傷等事件被疑者として検察庁に送致しました。 被疑者は、平成29年12月23日、堺市西区内の路上において、アルコールの影響により、正常な運転が困難な状態で、普通乗用自動車を運転中、軽四乗用自動車と接触し、同軽四乗用自動車に乗っていた女性に怪我を負わせたにもかかわらず、救護措置等をとることなく逃走したものです。

危険運転 都市に豊かさと潤いを

0029.●2度目の少年審判(大阪家裁)(判決)2016年8月26日(金)裁判官:森岡 孝介(裁判長)、吉岡 真一、松本 諭
 基本的に、少年審判は非公開だ。従って、残念ながら、審判時の詳細や、決定書の詳細を、ここでも記す訳にはいかない…。 いよいよ…2度目の少年審判だ。全国初の未熟運転致死罪、16歳以上は原則刑罰の危険運転致死傷罪は、庶民感情とは相容れない大阪地裁の不可解な判断により、大阪家裁に差し戻され、この2度目の少年審判で「保護処分」で片付けられてしまうのだろう…。
 俺、姉夫婦、姪っ子の4人と、2人の弁護士で大阪家裁へ入る。しかし、今回も、義兄と姪っ子は法廷には入れない。勿論、分かっていた事だが、二人は隣の控室で待機する事を、今回も望んだ。 少年審判は1度目と同じような展開で進んでいった。裁判官からの少年Aへの質問も、厳しい言葉も、前回と同様だった。 そして、終盤、被告弁護人に促され、少年Aと母親が、初めて…初めて俺と姉の方を向いて、頭を下げて謝罪した。裁判の受け応えの中で、謝罪の言葉を述べる事はあったが、俺たちの方を向いて頭を下げて…という謝罪は、この時が本当に初めてだった。事件から1年と13日経って、初めてだ。それも、自主的なものではなく、被告弁護人に促されて、ようやく…だ。で、一生懸命に練習したんだろうが、少年Aと母親の本心からの謝罪の気持ち…など、微塵も感じられなかった。なぜ、被告弁護人は、事件から日も浅い、初めて接触する1度目の少年審判の時に、我々に向かって謝罪をさせなかったのか?1度目の裁判員裁判の時もだ…なぜだ?裁判員裁判の時は、少年Aは無理でも、母親は母親の証人尋問の時などに、その機会は幾らでもあった。少年裁判を弁護する被告弁護人は、こんな局面でも、策を講じるのか…。 兎にも角にも、少年Aと母親からの直接の謝罪が済み、判決まで暫く休廷となり、隣室の控え室で待機…となった。俺は、姉、弁護士2名と、義兄、姪っ子に向かって、次のような話をした。「茶番やな…。前回と同じような内容やったけど、少年Aと母親から直接の謝罪があった。少年Aと母親の謝罪を引き出し、その旨が決定書にも記され、もう保護処分で決まりやな…やっぱり大阪地裁の圧力に屈しよったな…茶番や…。」みたいな事を、吐き捨てるように言った。 10数分の休廷が終わり、審判が再開。で、冒頭、「主文、この事件を大阪地方検察庁の検察官に送致する」と、耳にした。 驚いた…前回の裁判員裁判の判決の時と同じくらい驚いた。姉は、もう泣いていた。嬉し涙でも悔し涙でもない、もう一度刑事裁判(裁判員裁判)に進めるという安堵の涙だ…。正直、俺も姉も、大阪地裁の判決を大阪家裁が覆す事など…所詮、無理な事だろう…と思っていた。しかし、1%でも望みがあるのなら、その望みに懸けよう…と、この審判前に大阪家裁へ意見陳述に出向いたものの、まぁ、まず無理だろう…が本音だった。 そんな心境だったから、この事件を保護処分で片付けられた時の怒りのコメントばかりを考えていた為、想定外のコメントは頭に入ってなかった。しかし、ちょうどお昼のニュースに間に合わせたい…というマスコミが、直ぐにでも会見を…と待ち構えていた。大阪家裁の正面玄関前は、これまで以上のマスコミが足を運んでいた。 「大阪家裁の正義の決定に、敬意を表します。しかし、一方で、当然の決定をして頂けただけだ…とも思っています。大阪家裁とは真逆の決定を下した大阪地裁。今度こそ正当な判断をしてくれると願っています。我々は、今日に向けて、出来る事を精一杯やって来たつもりです。亡き父と、今日も仏壇の前で待っている母には、ちょっと良い報告が出来る…と思います。」みたいな事をコメントした…と思う。  今から思えば、この2度目の少年審判の裁判官には、本当に頭が下がる。この事件での5度の裁判の中で、最も難しい判断だった…はずだ。決定書には、我々の事前の意見陳述が功を奏したかのような理由も入っており、読み返すと、若干救われる。真実が、真相が、社会正義が、法の正義が、記述されている…からだ。 それでも、中には、裁判員裁判の判決を尊重すべきだ…という一部の他人事の識者などもいた。しかし、俺は思う…少年犯罪は、少年犯罪を専門的に扱う家庭裁判所の決定を尊重、最優先すべきだ…と。そもそも、そのための機関だ。地方裁判所が家庭裁判所に差し戻せるシステムこそが悪法だ。恐らく、地裁の判断で刑罰を科したものの、社会復帰後に再犯を行う…という世間の批判を、地裁は、少年犯罪の裁判にまで背負いたくないだけ…だ。   地方裁判所が下した刑罰には、基本的に控訴は可能だ。しかし、家庭裁判所が下した保護処分には、異議申し立ても、控訴も出来ない…被害者側は、泣き寝入りする他ない。それにも関わらず、少年犯罪のプロフェッショナルとも言える家裁の決定に、地裁は物申す…被害者側にとってはWの悲劇だ。被害者側からすれば、加害者(被告人)にアドバンテージを与え過ぎだ…となる。裁判のシステム、裁判官の質と使命感の向上が、実は素晴らしい法律を作るよりも、重要だ。


危険運転 関連ツイート

@rune_yuunagi 私は一応免許取ったけど危険だから一生運転しない、とずっと思って来たけど、旅行に行くようになって運転を好きになりたくなって来たからもしかしたらるねこちゃんも数年後には考えが変わっているかもよ……フフフ……
ニュース見て思った事…
雪国の電車が止まる位の積雪があれば、当然街中大渋滞。2車線は1車線になり、夜になればアイスバーン。時速20㌔のノロノロ運転。そんな中で代替便は無理だと思う。
真夜中の田んぼ地帯で降ろされほど危険な事はないし、私なら降りない…。
RT @shimotsuki_0214: バスや電車でワンマン運転士に罵声浴びせるやつもたまに見掛けるけどあれは唯一乗客の命を守れる存在である運転士を追い詰めて乗客全員を危険にさらす行為だから周りは全力でそいつを止めた方が良いぞ。便乗してヤジを飛ばせば秩序は崩壊し運転士は極限状…
RT @shimotsuki_0214: バスや電車でワンマン運転士に罵声浴びせるやつもたまに見掛けるけどあれは唯一乗客の命を守れる存在である運転士を追い詰めて乗客全員を危険にさらす行為だから周りは全力でそいつを止めた方が良いぞ。便乗してヤジを飛ばせば秩序は崩壊し運転士は極限状…

コメントは受け付けていません。