中居正広司会の音楽の日の視聴率がヤバイ!?

先日放送された、中居正広が司会する音楽の日の視聴率が予想外に
降るわなったそうですね。

平均視聴率も初年度の2011年が最高で、その後若干下がって
いる感じです。

東日本大震災の悲しみを受けて、音楽の力で日本を元気にしよう
というコンセプトで始まった番組ですが、
今回はさまざまな観点で問題が発生していたようです。

まずは、そもそも考えているほどに視聴率が取れなかったというのが、
テレビ局側からしたら最大の問題点でしょう。

約12時間の生放送、中だるみ感があったのは否めないかもしれません。

しかし、司会の中居正広と安住紳一郎の掛け合いは、
12時間の生放送の「音楽の日」を飽きさせないものであったのは
確かですが視聴率には反映されませんでした。

中居正広 音楽の日 視聴率

問題は他にもありました。

今井雅之と中居正広のケンカが生放送中に起こりましたが、
これは明らかなヤラセで視聴率を稼ぐための演出だったと言われています。

また、中居正広の東方神起いじりがひどすぎると批判殺到したそうです。

これも視聴率を稼ぐための演出だったと言われていますが、
視聴者からは「見ていて気持ちいいものではなかった」
「ここまでして視聴率を取ろうとするな」など批判殺到だったようです。

しかし、実際のところ今井雅之とケンカしても、東方神起をいじっても
たいして視聴率が取れなかったので、
来年の演出は修正が求められることは間違いないでしょう。

一つのテレビ番組で多くの視聴者から批判殺到するのは、
テレビ局側からしても好ましくないのは当然でしょう。

企画全体の修正が行われるかもしれません。来年も音楽の日が楽しめる
ことを願いましょう。

コメントは受け付けていません。