ダイオウイカ展の感想。国立科学博物館の展示がすばらしい!

先日、大阪からダイオウイカ展を見に国立科学博物館まで行ってきました。

ダイオウイカ展の感想は、国立科学博物館だからこそできた展示方法の数々に圧倒されました。

ダイオウイカはまだまだ生態が詳しくしられていませんが、その中でもダイオウイカの生態を
分かりやすくまた興味深く説明していました。

以前から深海生物には興味を持っていたわたしは、TVなどではダイオウイカの映像を何度も
見ていたのですが、さすがに間近で見るとそのスケールの大きさに驚きました。

想像上の生物なのではないかと思わせるほどの大きさでした。

ダイオウイカ展 感想

ダイオウイカ展には関東だけでなく関西からも人がけっこう来ている感じでした。

この前ちょうどNHKでダイオウイカの特集がされていた番組が放送されたこともあり、
係員の人もその放送以降さらに入場者数が多くなったと言っていました。

わたしはチケットを前持って購入していたので割引されてはいましたが、なんせ関西から
東京・上野に来るまでの旅費が結構かかってしまいました。

今回のダイオウイカ展は国立科学博物館のみでの展示で他の場所で展示される予定はない
そうですが、こうした興味深い展示は関西を含め日本各地でやって欲しいなと思いました。

そうすることが、子どもたちの科学に対する興味を増し加え、地球の生物の多様性に感動する
機会にもなると思います。

わたしは今回、ダイオウイカ展を見た多くの人の感想と同じで、国立科学博物館の展示方法が
すばらしっかったと思いました。
このような貴重な展示を計画してくださったことに感謝しています。

コメントは受け付けていません。