ジョニーデップの子供が病気で命を失うところだった!?

人気ハリウッド俳優のジョニーデップさんが、7月2日に最新作「ローン・レンジャー」
のプロモーションのためにアメリカのテレビ局ABCの深夜番組「ジミー・キンメルライブ」
に出演しましたね。

その時に、ジョニーデップさんが司会者のジミー・キンメル氏にキスをした事が大騒ぎと
なっています。

番組冒頭に司会者のジミー・キンメル氏の「とてもハンサムだ」という切り出しに
恥ずかしそうに眼を伏せたジョニーデップさんが突然立ち上がって、
キンメル氏にキスをしたのです。

ここまでは、欧米流の挨拶ですみそうなのですが、ジョニーデップさんは、キンメル氏の
唇にキスをしたことから、観客の黄色い声が鳴りやまないのでした。

これは、ジョニーデップ氏の観客へのサービスだったようですが、この動画があっという
間にネットで世界中に拡散し、キンメル氏は、世界中の嫉妬を買っているようです。

ジョニーデップ 子供 病気

そんなおちゃめな面も併せ持つジョニーデップさんは、フランスの女優の
ヴァネッサ・パラディさんと14年間、事実婚の関係を続けましたが、
2012年6月に破局しています。

しかし、パラディさんとの間に2人の子供を儲けていて、
娘のリリー・ローズ・メロディちゃんを病気で命を失うところだったと
ニューズウィーク誌に語っていました。

また、2人の子供の親権が、よく解らないのですが、どうやら、パラディさんにあるようです。

ジョニーデップさんは、そして、左目が生まれた時から見えないことも告白しています。
病名は明かされていませんが、ネット上では、網膜色素変性ではないかと囁かれています。

ジョニーデップさんの子供の1人、リリー・ローズ・メロディちゃんは、
病気で命を落としそうだったことが嘘のように、13歳の現在、既に可愛すぎると
ネットでは評判ですよ。