サイレンを今すぐ買って帰ろう

閉じる
このページを見ている人が購入している商品
インナーサイレンサー【スーパーサウンドエボリューション】マフラーの消音を見えないフランジサイレンサー【ハイエース エスティマ セレナ ジムニー マフラー 消音 排気系 パーツ 車検 消音器 汎用 サイレンサー インナー 中間パイプ ジョイント アメ車 送料無料】
パリス ヒルトン PARIS HILTON パリス ヒルトン サイレン EDP SP 30ml 【香水】【激安セール】【odr】
■柿本改 インナーサイレンサー マフラー 排気系パーツ カキモトレーシング KAKIMOTO 【Regu.06&R 専用】
パリス ヒルトン PARIS HILTON パリス ヒルトン サイレン EDP SP 50ml 【香水】【激安セール】【あす楽】
【クーポンご利用で10%OFF】インナーサイレンサー フランジサイレンサー マフラー 消音 スポーツマフラーサイレンサー 【サイレンサー ガナドール HKS フジツボ 柿本 汎用 中間 アメ車 送料無料】【RCP】
DEI 514N サイレン
楽天ウェブサービスセンター

サイレンよさらば

ホップ、ステップ、サイレン

戦いは伝説となる──。

■原題Pilgrimage 

■製作アイルランド=ベルギー(2017)監督:ブレンダン・マルドゥニー脚本:ジェイミー・ハニガン

■主な出演トム・ホランド、リチャード・アーミティッジ、ジョン・バーンサル、ジョン・リンチ、スタンリー・ウィーバー

■あらすじ1209年、アイルランド。僻地にある修道院に収められていた聖遺物「マティアの石」をローマに運ぶため、修道士一行が巡礼の旅に出る。しかしその道のりは数世紀にも及ぶ部族間戦争や侵略者ノルマン人の脅威に晒される危険なものだった。信仰心の篤い若き修道士ダーマッドや暗い過去を持つ助修士らは、古代の迷信や盗賊たちに襲われながらもマティアの石を守り抜こうと奮闘する。

■感想よく見もしないで借りたのが悪いんだけど、ソードアクションということだったんで、もう少しお気楽なものを想像していたのだが、全然違いました…。

想像とは大きく違って非常に暗い作品。いや、暗いというか、もはや陰気。

…などと思っていたら、半分くらいのところで突然アクションが始まります。しかも殺し方がまたエグいのなんのって。弓だの剣だのがグッサァ〜ッと顔を貫通したりね。

でも珍しく「うわぁ〜っ」とならなかったのが、これまた不思議。だって私、グロいの苦手なのに。けっこう淡々と観てしまいましたね。全体的に地味だからかな?

で、時々「沈黙/サイレンス」を思い出していました。ただ、あちらは「こんなに信じているのに神は慈悲をくれんのか?」「私たちの信仰には本当に意味があるのか?」という問いかけにも神様「シーン…」って感じだったけど

本作は「信じる者は救われる。」「当たるバチは薦(こも)着ても当たる。」的で、すごく神様アピールされている感じがあって、なんつーか「沈黙/サイレンス」よりずっとずっと宗教的でしたね。

私みたいな無宗教者より信仰心ある人が観た方がいろんな意味で感じるものがあるのかもしれない、良いのかもしれないと思ったくらい。

てか、まぁ早い話がジャケットに完全に騙されたよね。邦題に関してもチョットずれてるなぁと思いました。原題のとおり「巡礼」で良かった気がするし、ついでにいうとキャッチコピーもおかしいから。

邦題ってどうしてこうもトンチンカンなんでしょう。狙ってやっているのか?ツッコミ入れて欲しいの?面白くない冗談言って「俺、今サイコー!」とかほくそ笑むタイプ?

…謎だわ。

1209年、アイルランド。世界の果てとも呼べる島にある修道院の修道士数名は、収められていた聖遺物「マティアの石」をローマに運ぶ巡礼の旅に出る。

ある日、修道院を訪れたジェラルドゥス。ローマ教皇の命令を伝えるべくやってきたのだ。修道士長は巡礼に出る修道士を選別する。その中には若き修道士ダーマッドも。ダーマッドの傍にはいつも口のきけない助修士がいた。

*マティアとはイエスの使徒の一人。裏切り者ユダの代わりに選ばれた人。本作の通り、エルサレムでユダヤ人によって石打ちの刑にされたとの伝承あれど定かではない。

マティア石打ちの刑の際、使われたという石。

だが、それは数世紀にも渡り繰り返されてきた部族間戦争や、上陸が活発化する侵略者ノルマン人が横行する危険な旅路であった。

信仰心の篤い若き修道士ダーマッド(トム・ホランド)と暗い過去を持つ助修士(ジョン・バーンサル)らは、何度も危険な目に遭いながらも聖遺物を守り抜き、旅を続ける。

しかし、巡礼を守るべく参加していた護衛の騎士団長レイモンド(リチャード・アーミティッジ)が聖遺物の価値に目がくらみ、マティアの石を強奪しようと密かに企んでいて…。

本作を観て良かった(?)ことといえば、フランシスコ・ザビエルの髪型がどうなっていたのか分かったことくらいだね。

ザビエルの頭ってこうなってたんだ!と分かった瞬間。

↑髪の毛が内巻きなの。ザビエルもきっと内巻きだったと思う…。↓

しかもコイツ(ジェラルドゥス)、めっちゃ傲慢で身勝手でさぁ。最初は思い込みが凄いだけかと思うんだけど、観ていくうちにだんだん「あ、ただ性格悪いだけ。」となる。

こんなんが聖職者でいいんかっ!とも心底思う。しかし、現代の聖職者も決して清廉ではない…。

はっきり言って時間をムダにしました。

■お気に入りのキャラなし

■個人的評価★(1.5)

↓ホント、このジャケットは詐欺同然よ。レジェンダリー ブルーレイ&DVDセット(2枚組/ブックレット付) [Blu-ray]4,454円Amazon


サイレン 関連ツイート

@otakei1123 今またユニオンセンター近辺?煙あがってて消防サイレン鳴ってたけど火事?かなぁ。
RT @dailynewsagency: 白バイ盗難少年が自分のサイレン誤操作を「警察に囲まれた!」と勘違いして両手をあげて降伏する瞬間を捉えたコントのような動画 https://t.co/hNjqvl2KbQ #dnajp
さっき三番街で火災のサイレン鳴って、頭が小学生やから訓練かな?って思ったけど誰が休日の昼前にお茶してる客に訓練さすねん(誤作動でした)

コメントは受け付けていません。